description(ディスクリプション)とは?どこに表示されるの?事例を交えてご紹介!のアイキャッチ画像

SEO

更新日: 2023/11/13

description(ディスクリプション)とは?どこに表示されるの?事例を交えてご紹介!

character_balloon

困ったわぁ~、、。イベント用のページを作ったのはいいものの、どこに文字を置けばGoogleの検索結果のタイトル下に表示されるのか分からないわ...

character_balloon

そうだわ!SEOの領域に強いブルーちゃんに聞いてみましょう!ブルーちゃーん!

・・・なに?眠いから寝たいんだけど、、。

character_balloon
character_balloon

そう言わずに!ブルーちゃんにしか分からないことなんだから!

character_balloon

Googleの検索結果に表示はされてるんだけど、どうやったらタイトル下の文言が表示されるのか分からなくて、、。

あぁ、それはmeta descriptionを使えば検索結果のタイトル下に表示されるよ

character_balloon
character_balloon

meta description?何それ?

うーん、、。ピンクがそこまでお願いするんならちゃんと説明するね

character_balloon

meta descriptionとは?

description(ディスクリプション)とは?どこに表示されるの?事例を交えてご紹介!の画像_2枚目
character_balloon

meta description(メタディスクリプション)とは、ページの内容を要約してGoogleの検索結果に表示するHTMLタグのことなんだよ

character_balloon

ちなみにこういうmetaって付いてるタグのことをメタタグとか呼ぶよ、電脳コイルを思い出すね

character_balloon

meta descriptionを記述する際は、必ずheadタグ内に入れてね

meta descriptionはどこに表示されるの?

character_balloon

さっきも挙げたけど、meta description内に記述した文字はGoogleの検索結果に表示される

character_balloon

具体的に言うと、タイトルやURLの下に表示しているスペースに表示するよ

character_balloon

実際の例を挙げると、下の画像の枠線の中にあたるね

description(ディスクリプション)とは?どこに表示されるの?事例を交えてご紹介!の画像_5枚目
character_balloon

meta descriptionを変更することでCTRにも若干の影響があるみたいだから、余力があるならABテストをしてみても良いかもねー

meta descriptionを設定しないとどうなるの?

character_balloon

meta descriptionを設定しないと、Googleが自動で文章を持ってきちゃうんだよ

character_balloon

Googleにとって、検索結果に何も文字が入っていないよりも、ページの要約文が入っていたほうが見栄えが良いからそうしてそうだね

meta descriptionを設定しても表示されないことがある!

character_balloon

実は、meta descriptionを設定してもその通りに表示されない可能性があってね・・・

character_balloon

『meta descriptionが省略される可能性』と『ページ内の文言が使用される可能性』があるんだ

character_balloon

SEOマーケターにとっては、せっかく設定したのに『なんだかなぁ』って気持ちになっちゃうよ!

meta descriptionの文字数は何文字がベスト?

description(ディスクリプション)とは?どこに表示されるの?事例を交えてご紹介!の画像_11枚目
character_balloon

meta descriptionのベストな文字数は、Googleの検索結果ギリギリいっぱい入るまでの文字数(70〜124文字)だよ

character_balloon

理由は、一般的に広告は大きければ大きいほど目についてクリックされやすいから、文字数がギリギリまで検索結果に出てると検索結果での表示箇所が増えて、CTRが高まる可能性があるからなんだよね

character_balloon

ちなみに、パソコンとスマートフォンで検索結果に表示できる限界文字数が違うのに注意してね

character_balloon

パソコンだと約124文字、スマートフォーンだと約70文字が限界だよ

character_balloon

だから、meta descriptionは70文字以内に大切なことを入れて、残りはなるべく伝えておきたいことを記述して100~120文字前後にしてくのがベストかもね

meta descriptionの記述方法をご紹介!

character_balloon

meta descriptionの記述方法は、

descriptionの書き方(タグ内に下記を入れる)

<meta name=”description” content=”サイトの説明文” />

character_balloon

っていう形式のコードで記述してね

character_balloon

あと、内に入れる必要があるから、その点にも注意が必要だよ

meta descriptionにキーワードは含めるべき?

description(ディスクリプション)とは?どこに表示されるの?事例を交えてご紹介!の画像_15枚目
character_balloon

meta descriptionの中にキーワードはなるべく含んだほうがいい

character_balloon

最近は『キーワードが無くてもGoogleが判断してくれる』っていう論があって、それは確かなんだけど『キーワードがあった方がGoogleにとってもどういう内容なのか分かりやすくなる』から、やっぱりキーワードは入れた方が良い

character_balloon

具体的な入れ方は『狙っているキーワード』を必ず入れて、あとは文章がごちゃごちゃにならないように『そのキーワードのサジェスト』ぐらいで十分だよ

メディア運営するのにおすすめなmeta descriptionの管理方法

character_balloon

メディア運営上でよくあるmeta descriptionの管理方法を紹介するよ

character_balloon

ウチがメディアをやるならおすすめの管理方法が2つあって、

character_balloon

1.手動でmeta descriptionを別途設定する

character_balloon

2.記事冒頭の前段を自動でmeta descriptionに設定する

character_balloon

のどちらかがおすすめかな

character_balloon

工数がたくさんあるのならCTR改善を手動でABテストできる1番をおすすめするし、工数が割けないのなら2番をおすすめする

character_balloon

2番は、記事冒頭の文章がdescriptionに相応しい内容・文字数になっている必要があるから注意してね

まとめ

character_balloon

それじゃあ最後にmeta descriptionのまとめに入るよ

まとめ

◆meta descriptionを設定すると、Google検索のタイトル下部の文言に表示される


◆70文字以内に大切なことを入れて、残りはなるべく伝えておきたいことを記述して100~120文字前後にしてくのがベスト


◆<meta name=”description” content=”サイトの説明文” />を<head>内に入れることで設定できる


◆『狙っているキーワード』を必ず入れて、『そのキーワードのサジェスト』も文章が変にならないように入れる

character_balloon

だいたいこんな感じかなー

こんなに詳しく、、ありがとね!!イベントのページにmeta descriptionを設定してみるわ!

character_balloon
character_balloon

うん、がんばってね〜

character_balloon

ブルー

SEO
マーケティングオートメーション(MA)
アフィリエイト
wordpress

SEOやエンジニアリングマーケティングが得意。非常にめんどくさがりで、動きたくないがために自分でコードを書いて自作のMAを組んだりする。自動化のためなら努力は惜しまない。

最新の記事一覧
最新の記事一覧