ファーストビューとは?重要性と作成のポイント10選をレクチャーのアイキャッチ画像

SEO

更新日: 2024/4/1

ファーストビューとは?重要性と作成のポイント10選をレクチャー

character_balloon

調べ物があって、色々なWEBサイトを見てるんだけど、どれもパッと見ただけでは情報が得られなくて嫌になっちゃたわ。

そういうWEBサイトは「ファーストビュー」がしっかりできてないのかもね。

character_balloon
character_balloon

「ファーストビュー」って単語の意味は何となく分かるけど、WEBサイトにおいてどういうものかは分からないわね。

それじゃあ今日は、WEBサイト制作に欠かせない「ファーストビュー」の重要性と、作成するときのポイントを教えるよ!

character_balloon
character_balloon

ブルーちゃん、お願いね!

ファーストビューとは?定義と役割を確認

「ファーストビュー」を直訳すると「最初の視点」って意味だけど、それで合ってるのかしら?

character_balloon
character_balloon

簡単にいうと直訳のとおりだけど、WEBサイトにおいては、もう少し細かい定義や役割があるんだ。

character_balloon

まずは、ファーストビューの基本概念について解説するね。

ファーストビューの定義

ファーストビューとは?重要性と作成のポイント10選をレクチャーの画像_4枚目
character_balloon

「ファーストビュー(First View)」はWEBサイトのページ内でも、最初にスクロールせずに、ユーザーが閲覧できる部分を指すよ。

character_balloon

使用するディスプレイの大きさによって、ファーストビューの範囲は異なるんだ。

ディスプレイによっては、ファーストビューの範囲が狭くなるってことね。

character_balloon

ファーストビューの役割

ファーストビューとは?重要性と作成のポイント10選をレクチャーの画像_6枚目
character_balloon

ファーストビューは内容や特徴を伝える重要な役割を果たしているよ。

character_balloon

WEBサイトを訪れたユーザーがまず目にする部分だから、ファーストビューが魅力的で興味を引くものであれば、ユーザーが閲覧し続ける可能性が高くなるんだ。

人は最初の数秒間で他人や物事に対して判断をするっていうし、つまらなかったり見づらかったりするファーストビューは、ユーザーがすぐにWEBサイトを離れてしまう原因になるわね。

character_balloon

ファーストビューの重要性をチェック!

ファーストビューとは?重要性と作成のポイント10選をレクチャーの画像_8枚目
character_balloon

ユーザーの興味を引きつけるために重要なファーストビューだけど、ユーザーの滞在率と検索エンジンの評価においても欠かせない部分だよ。

ファーストビューでWEBサイトの価値を感じられないと、離脱する可能性が高くなるのよね。

character_balloon
character_balloon

ユーザーの離脱は、検索エンジンがWEBサイトの品質を評価する時にも考慮される要素の一つなんだ。

character_balloon

滞在時間が短いと、検索エンジンはそのWEBサイトがユーザーにとって価値の低いものと判断して、順位を下げる可能性があるよ。

ファーストビューを作成するコツは?ポイントを10個紹介

ファーストビューとは?重要性と作成のポイント10選をレクチャーの画像_10枚目
character_balloon

ファーストビューの概念と、その重要性は分かったかな?

基本的なことは分かったけど、ユーザーを引きつけるようなファーストビューを考えるのは難しそうね。

character_balloon
character_balloon

じゃあ次は、ファーストビューを作成する時のポイントを紹介するね。

ファーストビュー作成のコツ

1.WEBサイトの内容やイメージに合う画像を選ぶ


2.ユーザーが共感できるキャッチコピーを考える


3.シンプルで不快感のないデザインにする


4.CTAボタンで行動を促す


5.動画を盛り込む


6.デバイスに合わせてサイズを調整する


7.数字を使用して信頼性・説得力を上げる


8.表示速度を速める


9.WEBサイトのイメージに合う配色にする


10.広告を控えめにする

ポイント1.WEBサイトの内容やイメージに合う画像を選ぶ

character_balloon

ユーザーに商品やサービスを具体的にイメージさせるためには、ファーストビューの画像が欠かせないんだ。

character_balloon

複数の商品を提供している企業の場合、スライドショーなどを利用して複数の画像を表示すると、限られたスペースで効果的に画像を挿入できるよ。

文字より画像のほうが先に目に止まるし、画像選びは重要ね!

character_balloon

ポイント2.ユーザーが共感できるキャッチコピーを考える

character_balloon

対象ユーザーに共感されるキャッチコピーを入れると、ユーザーの関心を引き付けて、商品やサービスに対する興味を高めることができるよ。

ユーザーが抱えているであろう悩みを提示したり、商品やサービスを利用することでユーザーが得られるメリットを強調したりすると良さそうね!

character_balloon
character_balloon

うん。他には、具体的な事例や成功体験を紹介するのも効果的なんだ。

自分のニーズや目標に合った解決策を見つけられそうな感じがするわね!

character_balloon

3.シンプルで不快感のないデザインにする

分かりやすいWEBサイトのファーストビューは、シンプルなデザインが多いわね。

character_balloon
character_balloon

過剰な情報を詰め込んでしまうと、ユーザーが本当に重要なメッセージを見逃してしまう可能性があるんだ。

character_balloon

ファーストビューは、一つの画像または動画と簡潔なウェブサイト紹介の見出し、そしてページのより詳しい説明のみで構成されていることが多いよ。

シンプルなデザインなら、WEBサイトの目的や提供する価値をすぐに理解できるわね!

character_balloon

4.CTAボタンで行動を促す

「CTA」って何かしら?

character_balloon
character_balloon

「CTA」はCall To Action(コール トゥ アクション)の略で、日本語では「行動喚起」と訳されるんだ。

character_balloon

CTAボタンは、申し込みや購入などユーザーに特定の行動を促すためのボタンのことだよ。

character_balloon

ユーザーの手間を省くためにも、ファーストビューにCTAボタンを追加しておくと効果的なんだ!

たしかに、既にサービスや商品に対する購入意欲が高いユーザーなら、サイト全体を閲覧するまでもない場合があるわね。

character_balloon

5.動画を盛り込む

character_balloon

動画は画像や文章とは違って、動きによって商品やサービスの特徴を直感的に示すことができるよ。

動画なら、ユーザーにより具体的なイメージを持ってもらえそうね。

character_balloon
character_balloon

それに動画は、写真やテキストに比べて情報量が約5,000倍多いといわれていて、短時間で多くの情報を伝えられるんだ。

character_balloon

ユーザーの興味を引きつけるから、WEBサイトを継続的に閲覧してもらえる可能性も高まるよ!

6.デバイスに合わせてサイズを調整する

character_balloon

ファーストビューは、デバイスそれぞれに最適化したサイズに調整する必要があるよ。

character_balloon

ファーストビューが大きすぎると、ユーザーがスクロールしなければ、キャッチコピーなどが表示されない場合があるんだ。

メッセージが十分に伝わらないから、ユーザーが離脱する可能性もあるのよね。

character_balloon
character_balloon

特に、パソコン向けのサイズのみで提供している場合は、タブレットとスマートフォン向けのファーストビューを用意することが重要だよ。

character_balloon

各デバイスにおける標準的なサイズは、以下を参考にしてね!

デバイス パソコン タブレット スマートフォン
サイズ 横幅1000px〜1200px・高さ550px〜600pxまで 横幅768px・高さ1080pxまで 横幅365px・高さ650pxまで

7.数字を使用して信頼性・説得力を上げる

character_balloon

商品やサービスの優位性を具体的に伝えるためには、数字の活用が欠かせないんだ。

character_balloon

「人気ナンバー1」や「満足度99%」などの具体的な数字があると、ユーザーは信頼感や安心感を得られるよ。

優位性や満足度を数字で示されていると、製品やサービスの品質が高い印象を持つわよね。

character_balloon

8.表示速度を速める

character_balloon

WEBサイトの読み込み速度も、ユーザーを引きつけるために重要なポイントだよ。

せっかく興味を持ってクリックしても、ページの表示が遅いと嫌になるし、すぐに離脱して別のWEBサイトを探すことが多いのよね。

character_balloon
character_balloon

画像のサイズが大きすぎる場合や、外部ファイルの数が多い場合には、ページの読み込みが遅くなることが多いから、注意しよう。

character_balloon

WEBサイト内の画像を圧縮したり、ブラウザキャッシュを活用したり、不要なソースコードを削除するなどの対策を行うことで、読み込み速度を改善できるよ!

9.WEBサイトのイメージに合う配色にする

character_balloon

WEBサイトの内容やイメージに合うカラーを選んで、上手に配色すると効果的だよ。

character_balloon

例えば、医療施設を紹介するWEBサイトでは、爽やかで清潔な印象を与えるブルーやグリーンなどを活用するのがおすすめ!

女性専用のクリニックなら、淡いピンクなども安心感があっていいかもしれないわね。

character_balloon

10.広告を控えめにする

WEBサイトの広告がうっとうしいことって、結構あるのよ。

character_balloon
character_balloon

広告を挿入する際は、コンテンツと調和させて、目立ちすぎないようにする配慮が必要なんだ。

character_balloon

控えめな広告を掲載することで、ユーザーの満足度を高められるよ!

まとめ

character_balloon

最後に、ユーザーを引きつけるファーストビューのポイントをまとめるよ。

character_balloon

以下の3点を頭にメモしていってね。

まとめ

◆メッセージや目的が明確に伝わる


◆シンプルで見やすい


◆CTAボタンなどの行動促進の要素がある

character_balloon

ファーストビューがWEBサイトの印象を決める、といっても過言ではないね!

WEBサイトを閲覧するときは、まずファーストビューを見てみることで、サイトの質が分かりそうね。

character_balloon
character_balloon

ブルー

SEO
マーケティングオートメーション(MA)
アフィリエイト
wordpress

SEOやエンジニアリングマーケティングが得意。非常にめんどくさがりで、動きたくないがために自分でコードを書いて自作のMAを組んだりする。自動化のためなら努力は惜しまない。

最新の記事一覧
最新の記事一覧