人材育成とは?基本的な考え方や必要性、具体的な手法を紹介のアイキャッチ画像

ビジネス

更新日: 2024/5/12

人材育成とは?基本的な考え方や必要性、具体的な手法を紹介

character_balloon

会社の業績を上げたいけど、わたしの会社って少し人材が足りてないんだよね。

それなら、人材育成が必要かもしれないね。

character_balloon
character_balloon

人材育成ってよく聞くけど、具体的に何をしたらいいのか分からないや。

それじゃあ今回は、人材育成の必要性や基本的な考え方を解説した上で、具体的な手法を紹介するわよ。

character_balloon
character_balloon

ピンクちゃん、お願いします!

人材育成とは何か知ろう!人材開発や人材教育との違いは?

character_balloon

人材育成とは企業が目標達成のために必要なスキルや能力を明確にして、従業員がそれを習得できるように促進することよ。

character_balloon

似たような意味を持つけど、少し違う言葉として、人材開発があるわね。

どのような違いがあるの?

character_balloon
character_balloon

どちらも英語では「Human resource development」と言って、明確な定義はないの。

character_balloon

ただ、人材開発は基本的に、新しいスキルや知識を獲得させて、既存の従業員に新たな能力を身につけさせる手法のことを指すの。

character_balloon

ちなみに人材育成は、職種・役職・入社年数ごとに対象の従業員を分け、研修などを行い、スキル習得を目指すことが多いわ。

人材育成が必要とされる理由を解説

人材育成が重要なのは分かるけど、ここまで注目されてるのって何でなのかな?

character_balloon
character_balloon

最近はテクノロジーの進化が進んだから、技術力だけでは企業間の競争に勝つのが難しいの。

character_balloon

そこで、技術力以外に他社との差別化を図るために重要なポイントとして、「人材」が注目されているのよ。

character_balloon

それから近年の人材不足も、人材育成が注目されている理由の1つよ。

そういえば、人材不足はどんどん深刻化するって聞いたことがあるよ。

character_balloon
character_balloon

労働人口も大幅に減少するし、従業員それぞれの生産性を高める必要があるわよね。

人材育成についての課題も把握しておこう

人材育成が大事なら、どの企業でも人材育成に力を入れてるのかな?

character_balloon
character_balloon

そうできたらいいんだけど、人材育成には課題もあるのよ。

character_balloon

指導する側の人材が不足していたり、人材育成を行う時間がないことで、人材育成をしたくてもできないということが珍しくないわ。

人材育成できる状態が整わないんだね。

character_balloon
character_balloon

ほかにも、人材を育成しても辞めてしまったり、人材育成の方法が分からなかったりするのも、よくある課題よ。

人材育成の具体的な方法3選を紹介

人材育成するためにも指導する人材や時間が必要だし、人材不足の中で人材育成を行うのは結構難しいんだね。

character_balloon
character_balloon

限られた人材や時間で人材育成を行う際は、適切な方法を選ぶことが大切よ。

character_balloon

人材育成の具体的な方法は、下記のようなものがあるわ。

人材育成の具体的な手法3選

1.OJTを導入する


2.Off-JTを導入する


3.従業員に自己啓発をしてもらう

character_balloon

それぞれポイントを踏まえて、詳しく見ていくわよ。

1.OJTを導入する

OJTってよく聞くけど、正確な意味は分からないや。

character_balloon
character_balloon

OJTは「On-the-Job Training」の略で、職場の上司や先輩社員が指導して、実務を通して知識やスキルを身に着けさせる人材育成の方法よ。

character_balloon

経験学習サイクルを回せるというメリットがあるわよ。

だから、OJTを導入している会社が多いんだね。

character_balloon
character_balloon

ただし、OJTにはデメリットもあるの。

character_balloon

職場の上司や先輩社員が指導側になることから、指導力にバラつきが出やすいの。

指導力によっては、受ける側の成長が見込めないこともあるんだね。

character_balloon

2.Off-JTを導入する

Off-JTって、名前はOJTに似てるけど、どういうものなの?

character_balloon
character_balloon

Off-JTは「Off the Job Training」の略で、実際の業務から一時的に離れ、主に座学で行う教育訓練のことよ。

つまり「研修」ってことだね!

character_balloon
character_balloon

実務とは別のため、集中して必要な知識が得られるというメリットがあるわよ。

character_balloon

それに、リモートでも実施しやすいの。

わたしの会社では、eラーニングやオンラインを使っているよ!

character_balloon
character_balloon

OJTと違って、指導者に関係なく、集団に対して一律の成長を見込めるのもポイントね。

character_balloon

ただし、実務とは別である以上、実務とは直接関わりのない内容を学んでしまう可能性もあるわ。

3.自己啓発をしてもらう

character_balloon

自己啓発も、人材育成の一種よ。

character_balloon

従業員が自らスキルの習得や、能力を高める取り組みのことで、学習内容を自身で選択できるのが特徴よ。

自分のキャリアパスに合わせて、必要なスキルや知識を身につけることができるんだね。

character_balloon
character_balloon

自分に合わせて選べるのはいいんだけど、自己啓発に関するイベントなどを開催しても、参加数が少ないということも多いのよ。

そういうイベントって、あくまで希望者のみの参加だもんね。

character_balloon

人材育成の効果を上げよう

character_balloon

人材育成の具体的な方法を把握したところで、効果を上げる方法も見ていくわよ。

貴重な人材育成の機会だからこそ、1回の効果を上げたいよね。

character_balloon
character_balloon

下記のような方法で、人材育成の効果が上げられるわよ。

人材育成の効果を上げる方法

1.人材育成のための環境を整える


2.自らで決断する機会を増やす


3.失敗を怖れずに済むような工夫をする

character_balloon

以下でそれぞれ詳しく解説するわね。

1.人材育成のための環境を整える

character_balloon

人材育成を行うためには、環境も大事よ。

どのような環境が適切なのかな?

character_balloon
character_balloon

基本的には、のびのびと仕事ができる環境が推奨されているわよ。

character_balloon

部下が意見できるように、ヒアリングをメインにするのが大切ね。

育て方によって、従業員の成長具合も変わるよね。

character_balloon
character_balloon

従業員が才能を発揮できるような環境を意識してね。

2.自らで決断する機会を増やす

character_balloon

従業員それぞれが、自らで決断する機会を増やすことも大切ね。

そういえば、自分で決断する機会って、あまりないかも。

character_balloon
character_balloon

自分ではしているつもりがなくても、意外と決断しているものなのよ。

character_balloon

たとえば、入学する学校や就職先を決めるのも、決断の機会と言えるわね。

それなら、わたしも決断したことがあるよ。

character_balloon
character_balloon

決断に慣れることで、仕事においても迅速な決断ができるようになるのよ。

3.失敗を怖れずに済むような工夫をする

character_balloon

人材育成においては、従業員のチャレンジ精神を育てることも大事なの。

でも、やっぱり失敗は怖いし、確実に失敗を防ぐのも無理だし・・・なかなかチャレンジできないものだよね。

character_balloon
character_balloon

チャレンジ精神を育てるためには、従業員に「失敗してもいい」と思ってもらう必要があるの。

つまり、失敗を恐れないということだね。

character_balloon
character_balloon

失敗を怖がらないための工夫としては、セカンドチャンスを用意しておくのがおすすめよ。

character_balloon

結果の良し悪しよりも、チャレンジしたかどうかを評価する企業も増えているわ。

人材育成には人事評価制度を設けよう

character_balloon

人材育成を行う際は、人事評価制度を設けるようにしてね。

character_balloon

人事評価制度と、従業員の目標設定を対応させることで、モチベーションアップにつながるのよ。

頑張った分だけ評価されると、また頑張ろうという気持ちになるよね。

character_balloon
character_balloon

何を評価されているかしっかりと分かるように、人事評価制度は透明性の高いものにしてね。

まとめ

人材不足の現代だからこそ、既存の人材を大切にしながらスキルアップさせる、人材育成が重要なんだね。

character_balloon

効果アップの方法も分かったし、早速わたしの会社でも実践してみるよ。

character_balloon
character_balloon

最後にまとめとして、以下5点を頭にメモしていってね。

まとめ

◆人材育成とは「企業が目標達成のために必要なスキルや能力を明確にして、従業員がそれを習得できるように促進すること」


◆他社との競争や人材不足解消のために、人材育成が必要とされている。


◆人材育成の主な手法は「OJTを導入する」、「Off-JTを導入する」、「自己啓発をしてもらう」の3つ


◆人材育成の効果を上げるためには「人材育成も環境を整える」、「決断する機会を増やす」、「失敗を怖れずに済むような工夫をする」の3つがおすすめ


◆人材育成には人事評価制度を設けて、従業員のモチベーションを上げる。

character_balloon

ポイントを押さえて、効果的な人材育成を行ってね!

character_balloon

ピンク

経営企画・ビジネス
財務・会計
広報・PR

お姉さんキャラで真面目。真面目だから、資金調達や事業計画を練る経営企画周りが得意。一方で、流行りのマーケティングには疎い。

最新の記事一覧
最新の記事一覧