労働集約型とは?特徴や課題についてわかりやすく解説!のアイキャッチ画像

ビジネス

更新日: 2024/4/13

労働集約型とは?特徴や課題についてわかりやすく解説!

character_balloon

ピンクちゃんは「労働集約型」って聞いたことある?

あるよー!産業の形態を表す言葉なんだけど、今の日本が抱える課題の一つでもあるかな

character_balloon
character_balloon

そうなの?どんな内容で何が課題なのか教えて

もちろん!じゃあ今回は労働集約型について解説していくね!

character_balloon

労働集約型とは?

労働集約型とは?特徴や課題についてわかりやすく解説!の画像_2枚目
character_balloon

労働集約型とは、産業形態の一つであり、サービスの提供や商品の製造などを「人間の労働力」に頼っている割合が多い形態のことを言うよ

character_balloon

労働集約型産業と呼ばれていて、日本の基幹産業と言える農林水産業や福祉などのサービス業、流通などの第三次産業に多い形態なのよ

なるほど!機械などによる生産がメインではなく、人の労働力が多い形態のことなんだね!

character_balloon
character_balloon

製造業などに比べてこれらの産業は機械化が難しく、いくつかの課題もあるわ

労働集約型である主な産業をご紹介!

労働集約型とは?特徴や課題についてわかりやすく解説!の画像_4枚目
character_balloon

今の日本における労働集約型産業を代表するのが介護福祉関連と建設労働、流通あたりね

character_balloon

労働集約型は人の労働力をメインとしていることから、少し前まではほとんどの産業がこの労働集約型産業だったんだけどね

そうだよね!でも最近になって製造業は機械化がかなり進んでいるし、電気やガス、金融業とかは労働集約型ではなくなってきているね!

character_balloon
character_balloon

介護福祉や建設、流通は日本には欠かせない産業である一方で、離職率や労働力の高齢化が課題となっているわ

離職率や高齢化が労働集約型と関係しているの?

character_balloon
character_balloon

そうだよ!次は労働集約型の特徴や課題について説明していくね

労働集約型産業の4つの課題を解説!

character_balloon

労働集約型産業は、人の労働力がメインとなっていることから4つの特徴があって、これをどう解決するかが課題となっているのよ

労働力には限界があるとか?具体的な特徴について教えて

character_balloon
character_balloon

一つずつ解説していくね

課題1.長時間労働になりやすい

労働集約型とは?特徴や課題についてわかりやすく解説!の画像_8枚目
character_balloon

労働集約型産業の特徴一つ目は、作業を人の手で進めるしかないから「長時間労働になりやすい」ということよ

確かに機械の稼働時間を増やすといったことはできないから、どうしようもないよね

character_balloon
character_balloon

そうなんだ、これを解決するためには付加価値を高めて人手を増やしたり、ITの導入など合理化を進めていくことが大切ね

課題2.賃金が低くなりやすい

労働集約型とは?特徴や課題についてわかりやすく解説!の画像_10枚目
character_balloon

労働集約型産業の場合、作業のスピードや労働時間を倍に増やしたりすることができず、効率改善にも限界があることから他の産業に比べ「賃金が安くなりやすい」という特徴があるわ

商品やサービスを提供するためのコストで特に高いのが人件費だから、生産性を上げるにも限界があるしね

character_balloon
character_balloon

最近では、最低賃金も上がり続けているからその対処も考える必要があるよ

課題3.需要が多い一方で離職率が高い

労働集約型とは?特徴や課題についてわかりやすく解説!の画像_12枚目
character_balloon

労働集約型産業には介護や建設業など生活に欠かせないものばかりで需要が高い一方で、離職率が高いことが特徴としてあるわ

確かに長時間労働になりやすく、低賃金のままでは生活が苦しいもんね

character_balloon
character_balloon

人手不足の影響を最も受けやすい産業であることから、離職率の改善は急務と言えるかな

課題4.効率を上げにくく生産性が悪い

労働集約型とは?特徴や課題についてわかりやすく解説!の画像_14枚目
character_balloon

労働集約型産業において、すぐに労働力を上げるためには人手を増やすことが一番手っ取り早いことから、設備投資など効率化へ取り組みはどうしても後回しになってしまいやすいのよ

character_balloon

人件費は特に高いから生産性も悪く結果、長時間労働が発生したり低賃金になりやすいわ

どうしようもないように感じるんだけど、どうしたら改善できるの?

character_balloon
character_balloon

これらの課題を解決するためには作業の一部を機械化したり管理にAIを使用するなど、人の作業をなくし効率化を進めることが必須と言えるかしら

労働集約型産業の現状は?

character_balloon

労働集約型産業の特徴と課題について理解してもらえたかな?

うん!でも実際のところ改善は進んでいるの?

character_balloon
character_balloon

改善に向けた取り組みは進んでいるものの、結果が出始めるにはまだ時間がかかるかもしれないね

character_balloon

厚生労働省が発表した「労働集約型産業の現状と課題」によると介護職員の離職率は、年々増加していて平成24年度では全産業の離職率が14,8%なのに対し訪問介護職員は正規職員で16,8%となっているのよ

他の産業に比べて高くなっているね

character_balloon
character_balloon

建設労働者も同じ傾向にあって、人が育たないことから若い労働者が少なく業界全体の高齢化が深刻化しているわ

労働集約型以外の2つの産業

character_balloon

ここまで労働集約型産業について説明してきたけど、それ以外にも2つの産業があるのよ

そうなの?課題改善のヒントにもなるかもしれないし教えてー

character_balloon

種類1.知識集約型産業について

労働集約型とは?特徴や課題についてわかりやすく解説!の画像_20枚目
character_balloon

知的集約型産業は、人の労働力がメインではあるものの、知的労働力の割合が多い産業のことで、具体的な職種としては情報サービスや弁護士などの専門知識を要するものがあるわ

character_balloon

労働集約型産業に比べて効率化を図りやすく、体を動かすことがないものの、長時間労働が発生したりすることもあるかな

確かに、新しいものを生み出したりケースバイケースでの対応が求められるから簡単に機械化とかにはできないよね

character_balloon

種類2.資本集約型産業について

労働集約型とは?特徴や課題についてわかりやすく解説!の画像_22枚目
character_balloon

資本集約型産業は、資本が事業の中心となるため機材や生産設備への資本を投入することにより収益を上げることが可能なのよ

character_balloon

人件費も比較的かからないから労働集約型産業と真逆の産業と言えるわね

確かに設備が完成したら、メインは機械などの稼働になるもんねー

character_balloon
character_balloon

具体的な業種としては、ガスや電気、製造業などがあるわ

労働集約型についてのまとめ

character_balloon

労働集約型についてまとめると…

まとめ

◆労働集約型産業とは、サービス提供や商品の製造などにおける作業を、人間の労働力に頼っている割合が多い形態のことを言い、農林水産業や医療・福祉、建設業界などが当てはまる


◆設備投資などよりも人手を増やすことに力を入れてしまいやすく、生産性の向上や効率改善がなかなか進まず課題となっている


◆作業の機械化や管理のIT化などが労働集約型産業の課題解決には必須

character_balloon

こんな感じかな?

ありがとう!

character_balloon
character_balloon

ピンク

経営企画・ビジネス
財務・会計
広報・PR

お姉さんキャラで真面目。真面目だから、資金調達や事業計画を練る経営企画周りが得意。一方で、流行りのマーケティングには疎い。

最新の記事一覧
最新の記事一覧