ロングテールキーワードとは?特徴や選び方、お役立ちツール3選のアイキャッチ画像

SEO

更新日: 2024/6/3

ロングテールキーワードとは?特徴や選び方、お役立ちツール3選

character_balloon

ねーねー!ブルーちゃん。

なに?イエローちゃん。

character_balloon
character_balloon

ブログ記事のキーワードは、まずはロングテールキーワードを選ぶといいって聞いたんだけど、ロングテールキーワードってなに?詳しく教えてくれない?

じゃあ、今回はロングテールキーワードについて詳しく説明するね!

character_balloon
character_balloon

よろしくね!ブルーちゃん。

ロングテールキーワードとは?

ロングテールキーワードとは?特徴や選び方、お役立ちツール3選の画像_2枚目

まずは、ロングテールキーワードがなんなのか教えてくれる?

character_balloon
character_balloon

うん!ロングテールキーワードは、比較的検索回数が少ないけど、特定のニーズや関心を持ったユーザーにとって非常に価値のあるキーワードだよ。

character_balloon

ロングテールキーワードは通常、2〜4個の単語をつなげた具体的なフレーズで構成されてるんだ。

たとえば、「りんご 赤い 理由」みたいな複数ワードってことだね!

character_balloon

ビッグキーワードやミドルキーワードとの違い

ロングテールキーワードとは?特徴や選び方、お役立ちツール3選の画像_4枚目

ロングテールキーワード以外に「ビッグキーワード」や「ミドルキーワード」っていう言葉も聞くけど、なにか違いがあるの?

character_balloon
character_balloon

もちろん!ビッグキーワードやミドルキーワードは、一般的に検索ボリュームが高く、競争が激しいキーワードだよ。

character_balloon

対して、ロングテールキーワードは検索ボリュームは少ないけど、特定のトピックや商品に興味があるユーザーを引き付けるためのキーワードなんだ。

ビッグキーワードが「サッカー」、ミドルキーワードが「サッカー DAZN」、ロングテールキーワードが「サッカー DAZN Jリーグ 町田ゼルビア」みたいなイメージだね!

character_balloon

ロングテールキーワードの特徴は何?

ロングテールキーワードって、どんな特徴があるの?

character_balloon
character_balloon

主な特徴は、以下の3つだよ!

ロングテールキーワードの特徴3選

1.競合が少ないので検索上位を取りやすい


2.検索意図を読み取りやすい


3.コンバージョン率(CVR)が高い

結構、メリットがありそうな特徴だね!

character_balloon
character_balloon

そうだね!それぞれ説明してくよ。

1.競合が少ないので検索上位を取りやすい

ロングテールキーワードとは?特徴や選び方、お役立ちツール3選の画像_8枚目
character_balloon

ロングテールキーワードは、具体的で特定の内容に焦点を当てたキーワードだよ。

character_balloon

これにより、検索結果において競合するウェブサイトの数が少なくなり、自分のウェブサイトやブログが検索結果の上位に表示される可能性が高まるんだ。

character_balloon

たとえば、「スニーカー」よりも「ランニングシューズ 女性用 赤」のような具体的なキーワードの方が競合が少ないから、目立ちやすくなるよね。

なるべくライバルが少ないロングテールキーワードを選んで、より良い記事が書ければ、検索上位も夢じゃないね!

character_balloon

2.検索意図を読み取りやすい

ロングテールキーワードとは?特徴や選び方、お役立ちツール3選の画像_10枚目
character_balloon

ロングテールキーワードは、検索者が何を求めているのか、その意図を読み取りやすいのが特徴だよ。

character_balloon

短いキーワードではその目的が曖昧になりがちだけど、ロングテールキーワードを用いることで、ユーザーが何を求めているのか、どのような情報を必要としているのかが明確になるんだ。

character_balloon

記事のキーワードにロングテールキーワードを採用することで、より関連性の高い訪問者を引き寄せることができるよ。

キーワードが「横浜」だけだとユーザーは横浜の何を調べたいのかわからないけど、「横浜 家系 おすすめ」なら、横浜にあるおすすめの家系ラーメンのお店を探してることが一目瞭然になるってことだね!

character_balloon

3.コンバージョン率(CVR)が高い

ロングテールキーワードとは?特徴や選び方、お役立ちツール3選の画像_12枚目
character_balloon

ロングテールキーワードを使用して検索するユーザーは、一般に購入やアクションを起こす意志が高いとされているよ。

character_balloon

だから、これらのキーワードで最適化されたページは、コンバージョン率が高くなる傾向があるんだ。

character_balloon

たとえば、「購入」や「予約」を含むようなロングテールキーワードは、ユーザーがすでに行動を起こす準備ができていることを示しているから、訪問者を顧客に変えやすくなるよ。

「作品名 配信」で検索するユーザーに対して、その作品が配信されてるVOD案件を紹介するサイトを用意すれば、成約にグッと近づくということだね!

character_balloon

ロングテールキーワードの選び方をチェック!

ロングテールキーワードって、どうやって選べばいいのかな?

character_balloon
character_balloon

ロングテールキーワードを選ぶときは、以下4つを心掛けるといいよ。

ロングテールキーワードの選び方4選

1.キーワード設計を意識する


2.競合状況を確認する


3.ビッグキーワードから決める


4.サイトのテーマに合うものを選ぶ

なんだか難しそう、、。

character_balloon
character_balloon

わかりやすく説明するから安心して!

キーワード設計を意識する

character_balloon

ロングテールキーワードを選ぶ際には、キーワード設計を意識することが大切だよ。

character_balloon

キーワード設計とは、ウェブサイトやブログの目的やターゲットに合ったキーワードを計画的に選ぶことを指すんだ。

character_balloon

ユーザーが何を求めているか、どのような問題解決を試みているかを考慮して、それに対応するキーワードを選ぶ必要があるよ。

たとえば、自分のサイトが「食事から健康になる」をコンセプト(ターゲットは健康志向の人)にしてる場合、「朝食 健康 レシピ」みたいなロングテールキーワードを使った記事を作成していくってことだね!

character_balloon

競合状況を確認する

character_balloon

次に、自分が選んだキーワードで検索した時に表示される競合サイトの数と質を確認するといいよ。

character_balloon

競合が少ない、または競合サイトの内容が十分に充実していないキーワードを選ぶことで、検索結果の上位に表示される可能性が高まるんだ。

character_balloon

でも、競合によってはロングテールキーワードでも上位表示が難しい場合もあるから、時には諦める必要もあるかもね。

どんなニッチなロングテールキーワードでも無理な時は無理ってことだね(医療系のキーワードとか)。

character_balloon

ビッグキーワードから決める

character_balloon

ロングテールキーワードを選ぶ際のもう1つの方法は、ビッグキーワードから派生させることだよ。

character_balloon

たとえば、「健康」がビッグキーワードであれば、「健康 コンビニ ランチ」や「健康 維持 運動 方法」など、より具体的で検索ボリュームが少ないキーワードに派生させられるんだ。

character_balloon

キーワードを細分化していくことで、特定のニーズに合ったコンテンツを作れるよ。

まずは、大枠から決めるってことだね!

character_balloon

ロングテールキーワードの選定におすすめのツールは?

ロングテールキーワードを選ぶのに、なにか役立つツールってあるのかな?

character_balloon
character_balloon

もちろんあるよ!有名なのは以下の3つだね!

ロングテールキーワードの選定におすすめのツール3選

1.キーワードプランナー


2.Googleサーチコンソール


3.ラッコキーワード


へー!それぞれ、どんな特徴があるのかな?

character_balloon
character_balloon

どのツールもロングテールキーワードを選定する際には、かなり役立つよ!それぞれ紹介するね!

1.キーワードプランナー

ロングテールキーワードとは?特徴や選び方、お役立ちツール3選の画像_24枚目
character_balloon

Google広告の一部であるキーワードプランナーは、キーワードの検索ボリュームや関連キーワードを提供してるよ。

character_balloon

キーワードプランナーを使用することで、ロングテールキーワードの選定に役立つ情報を得られるんだ。

character_balloon

特定のキーワードに対する検索ボリュームを知ることで、そのキーワードがユーザーにとってどの程度関心があるかを把握できるよ。

character_balloon

ちなみに、有料で広告を出すと、正確な検索ボリュームが表示されるみたいだね!

広告を出さずに無料で使う場合は大まかな検索ボリュームしかわからないみたいだけど、それでもユーザの関心度を調べる分にはかなり重宝しそうだね!

character_balloon

2.Googleサーチコンソール

ロングテールキーワードとは?特徴や選び方、お役立ちツール3選の画像_27枚目
character_balloon

Googleサーチコンソールは、自分のウェブサイトがGoogle検索でどのように表示されているかを把握できる無料ツールだよ。

character_balloon

具体的には、ウェブサイトに流入する検索キーワードやそのキーワードのクリック数、表示回数、クリック率(CTR)などのデータを確認できるんだ。

character_balloon

これらのデータから、どのロングテールキーワードがSEO的に評価されているかを分析することが可能だよ。

自分のサイトの色々なデータを分析できるから、サイト運営をするなら必ず取り入れたいツールだね!

character_balloon

3.ラッコキーワード

ロングテールキーワードとは?特徴や選び方、お役立ちツール3選の画像_30枚目
character_balloon

ラッコキーワードは、SEOに特化したキーワードリサーチツールだよ。

character_balloon

競合他社のウェブサイトがどのキーワードで上位にランキングしているか、また自分のウェブサイトに最適なロングテールキーワードは何かを発見するのに役立つよ。

character_balloon

ラッコキーワードの強みは、ユーザーの検索意図に基づいたキーワード提案を得られる点にあるんだ。

character_balloon

実際の検索クエリに基づいてキーワードを提案してくれるから、より効果的なSEO対策が可能になるよ。

キーワードのサジェストを一覧で大量に表示してくれるから、キーワード選定に必須なツールになるね!

character_balloon

まとめ

character_balloon

ロングテールキーワードについてまとめるよ!

まとめ

◆ロングテールキーワードとは、比較的検索回数が少ないけど、特定のニーズや関心を持ったユーザーにとって非常に価値のあるキーワード


◆ロングテールキーワードに最適化したサイトを作れば、商品やサービスの成約がしやすい


◆効率よくロングテールキーワードを見つけたい場合は、キーワードプランナーなどのツールを使うのがおすすめ


character_balloon

ロングテールキーワードに関して、わかってもらえたかな?

うん!いきなり、競合が多いビックキーワードで集客するより、ユーザーの細かいニーズを表すロングテールキーワードを地道に見つけながらサイトを作っていくのが成功の近道なんだね!

character_balloon
character_balloon

そうだね!また、わからないことがあったらいつでも聞いてね。

character_balloon

ブルー

SEO
マーケティングオートメーション(MA)
アフィリエイト
wordpress

SEOやエンジニアリングマーケティングが得意。非常にめんどくさがりで、動きたくないがために自分でコードを書いて自作のMAを組んだりする。自動化のためなら努力は惜しまない。

最新の記事一覧
最新の記事一覧