ページスピードインサイトとは?スコアの目安や改善方法を解説!のアイキャッチ画像

SEO

更新日: 2024/5/1

ページスピードインサイトとは?スコアの目安や改善方法を解説!

character_balloon

サイトの読み込みが遅くて困っているんだけど、何かいい方法はないかな。

それなら、ページスピードインサイトで現状を把握して改善方法を見出すのがおすすめだよ。

character_balloon
character_balloon

ページスピードインサイト?

ページスピードインサイトっていうのは、サイトの読み込み速度をスコア表示したり、改善方法を教えてくれたりする分析ツールだよ。

character_balloon
character_balloon

点数だけじゃなくて改善策もわかるなんてすごい!

じゃあ今回はページスピードインサイトの使い方について解説していくね~。

character_balloon

ページスピードインサイトとは?

character_balloon

改めてページスピードインサイトは、「サイトの読み込み速度をスコア表示したり、改善方法を教えてくれたりする分析ツール」のこと。

character_balloon

Googleが提供していて、無料な上にアカウントがなくても使えちゃうよ。

無料ツールって不安に思うこともあるけど、Googleなら安心だね!

character_balloon
character_balloon

そういえば、なぜページスピードが重要なのかはわかってる?

読み込み速度が速い方が、ユーザーが見やすいからだよね?

character_balloon
character_balloon

正解!さらにそれに関連して、SEO的にもメリットになるんだよ~。

ページスピードインはなぜ重要?

character_balloon

つまり、ページスピードが重要な理由は次の2点。

ページスピードインはなぜ重要?

1.ユーザビリティが向上する


2.検索結果の上位にあがりやすくなる

character_balloon

ページの読み込みが遅くなるほど、ブラウザバックしてしまう人は増えるよね。

character_balloon

Googleが2017年に発表したデータによると、その割合は1秒から3秒になると32%増加し、さらに5秒になると90%も増加するんだ。

確かに私も、すぐ表示されないと他のサイトを探しちゃっているな……。

character_balloon
character_balloon

さらに、Googleは読み込み速度と検索結果の関係を次のように述べているよ。

Core Web Vitals は、ページの読み込みパフォーマンス、インタラクティブ性、視覚的安定性に関する実際のユーザー エクスペリエンスを測定する一連の指標です。検索結果でのランキングを上げ、全般的に優れたユーザー エクスペリエンスを提供できるよう、サイト所有者の皆様には、Core Web Vitals を改善することを強くおすすめします。 引用元:https://developers.google.com/search/docs/appearance/core-web-vitals?hl=ja
character_balloon

つまり、Core Web Vitalsはページスピードに関する指標で、これを改善することで検索結果の上位にあがりやすくなると言えるよ。

character_balloon

Core Web Vitalsで用いられる指標と押さえておくべき点をまとめておくね。

指標&ポイント

1.LCP(Largest Contentful Paint):ページ内で1番大きな画像など、主要コンテンツが表示されるまでの時間(目標値:2.5秒以内)


2.INP(Interaction to Next Paint):ユーザーによる動作に対する応答にかかった時間(目標値:0.2秒以内)


3.CLS(Cumulative Layout Shift): レイアウトが崩れるなど、画面の不安定さがないかどうか(目標値:0.1未満)

ブラウザとモバイルで違う?速度の目安

character_balloon

ページスピードのスコアは100点満点で表示されるよ。

character_balloon

目安はモバイルとデスクトップで異なっていて、大体モバイルが70点、デスクトップは90点って感じかな。

character_balloon

それが難しければ、それぞれ40~50点以上・70~80点以上を目標にしてみてね。

なんでモバイルとデスクトップで目安が違うの?

character_balloon
character_balloon

モバイルはデスクトップよりもデータやコードの処理に時間がかかってしまうんだ。

character_balloon

それと、スコア測定は海外で行われるから、4G通信を前提とするモバイルの場合は必然的に低くなりがちなんだよ。

ページスピードインサイトのスコアの見方

character_balloon

それじゃあページスピードインサイトを使ってみよう。

character_balloon

手順は簡単で、トップページにURLを入力し、右の「分析」を押すだけ!

character_balloon

するとスコアが表示され、下にスクロールしていくと様々なデータが出てくるよ。

無料とは思えない充実度だけど、パッと見だとよくわからないかも……。

character_balloon
character_balloon

オッケー。じゃあ見てほしいポイントを5つ説明していくね。

スコアの見方

1.フィールドデータ


2.ラボデータ


3.改善できる項目


4.診断


5.合格した監査

スコアの見方1.フィールドデータ

character_balloon

フィールドデータは「実際のユーザーの環境で評価する」という項目の部分だよ。

character_balloon

Googlechromeのユーザーデータを用いて算出した速度評価で、棒に緑・オレンジ赤の色がついているよね。

character_balloon

端的に言うと、緑が良くて赤は要注意だよ。

数値にも色がついているからわかりやすいね。

character_balloon

スコアの見方2.ラボデータ

character_balloon

「パフォーマンスの問題を診断する」という部分は、フィールドデータと違ってシミュレーションで得た結果が出るよ。

character_balloon

だから、更新して間もないページにも対応してくれるんだ。

そっか、フィールドデータだとある程度ユーザーに利用してもらわないとデータがちゃんと出ないんだね。

character_balloon
character_balloon

アップしてすぐの場合はラボデータを確認して改善を図るのがおすすめだよ。

スコアの見方3.改善できる項目

character_balloon

ここでは改善点を教えてくれるよ~。

数値だけじゃなくて具体的な策を提示してくれるのってすごいね!

character_balloon
character_balloon

ここでもオレンジと赤が使われているんだけど、マークや棒が赤くなっている項目から優先的に改善していってね。

character_balloon

右端にある下矢印マークをクリックするともう少し細かい解説が出てくるから、そこも参考にしてみたらいいよ~。

スコアの見方4.診断

character_balloon

「改善できる項目」と同じように、改善点が列挙される項目だよ。

さっきのとは何が違うの?

character_balloon
character_balloon

「診断」ではWeb開発の観点から洗い出しているというところがちょっと違うかな。

character_balloon

これも具体的な改善策を提案してくれるから、参考にしみてね。

スコアの見方5.合格した監査

character_balloon

最後の項目は、現時点でちゃんとできている部分だよ。

最後に褒めてくれてホッとしたよ……。

character_balloon
character_balloon

これで直すべき点と直さなくて良い点が明らかになったよね。

うん!診断結果が出るのも早いし、内容も具体的だし、すごく役立ちそうだよ!

character_balloon

ページ読み込み速度の改善方法

character_balloon

改善点は基本的に分析結果に載っているけど、具体的にどうすればいいかを知っておいた方がいいよね。

分析結果だと項目が多すぎて混乱しちゃうし、主だったものを絞ってもらえると嬉しいな。

character_balloon
character_balloon

オッケー。じゃあ6つくらいならどうかな?

よーし、頑張ってみる!

character_balloon
読み込み速度の改善方法

1.画像の最適化を行う


2.画像の遅延読み込みを行う


3.Webフォントを減らす


4.未使用のJavaScript・CSSを削除する


5.ブラウザのキャッシュ機能を利用する


6.サーバー応答時間を短縮する

改善方法1.画像の最適化を行う

character_balloon

画像のサイズやフォーマットに関する改善提案が挙がった場合、画像の圧縮やリサイズをしてみよう。

character_balloon

画像って結構データ量が多いから、何も考えずにアップすると読み込みが遅くなっちゃうんだ。

圧縮はブラウザ・WordPressのどちらにもツールがあるし、単純にサイズを小さくするだけでも容量を減らせそうだね。

character_balloon
character_balloon

あとは次世代ファイルを利用するのもひとつだよ。

次世代ファイルって?

character_balloon
character_balloon

これまでの主流だったJPEGやPNGとは違う新しいフォーマットのことで、例えばWebPというのがあるよ。

character_balloon

JPEGなどと同じ画質のままファイルサイズを小さくできる優れものなんだよ~。

改善方法2.画像の遅延読み込みを行う

character_balloon

遅延読み込みっていうのは、ユーザーが見ている画面に表示される画像のみを順次読み込んでいくことだよ。

character_balloon

ページ内の画像を一気に読み込まないから、速度を上げられるんだ。

遅延読み込みの設定はどうやるの?

character_balloon
character_balloon

伝統的なのはJavaScriptのライブラリを使う方法だけど、現在はGooglechromeに標準装備されているから、imgタグに「loading="lazy"」と入力するだけでもできちゃうよ。

character_balloon

WordPressを使っている人は拡張機能を使ってみてね。

改善方法3.Webフォントを減らす

Webフォントって普通のフォントとは違うの?

character_balloon
character_balloon

Webフォントはインターネット上にあるデータから引っ張ってきて使うんだけど、そうすることでどの端末でも同じフォントを表示させられるんだ。

character_balloon

普通のフォントだと、ユーザーの端末にそのデータがなければ別のフォントで代用されてしまうんだけど、それを防げるってわけ。

character_balloon

でも、Webフォントも画像のように読み込む必要があるから、使いすぎると表示速度が遅くなってしまう原因になるよ。

ページデザインにこだわるのも大事だけど、それでページが見られなくなったら本末転倒だね……。

character_balloon

改善方法4.未使用のJavaScript・CSSを削除する

character_balloon

Webページにはいろんなコードから成り立っているよね。

character_balloon

でもあれこれ手を加えていく過程で、無駄に増えてしまったり、使わなくなったものが放置されたりしてしまっている可能性もあるよ。

着なくなった服でクローゼットがパンパンみたいなことなのかな……。

character_balloon
character_balloon

未使用のものをチェックして削除できればデータ容量を減らせるね。

character_balloon

ちなみに、チェックにはブラウザの開発者ツールが使えるよ。

character_balloon

そうそう、コードをいじる過程でレイアウトが変わっちゃう場合があるから、バックアップをとることを忘れずにね。

改善方法5.ブラウザのキャッシュ機能を利用する

character_balloon

キャッシュというのは、ページなどの情報を一時的に保存しておいて、次表示するときにすぐ見られるようにするための機能だよ。

character_balloon

でもキャッシュが溜まると動きが遅くなってしまうというデメリットもあるんだ。

スマホで時々キャッシュクリアをしているけど、ブラウザにも同じ問題があるんだね。

character_balloon
character_balloon

キャッシュを許可するのか、そして有効期間はどのくらいにするのかを決められるから、キャッシュに課題点があった場合は設定を見直してみてね。

改善方法6.サーバー応答時間を短縮する

character_balloon

Webページはサーバーからデータを送ってもらうことで表示されるようになるから、サーバーの応答時間が長いと読み込み速度も遅くなってしまうよ。

サーバーの応答時間が長くなる原因って何なの?

character_balloon
character_balloon

例えば次のような要因が考えられるよ。

応答時間が長くなる原因

1.サーバーのスペック 


2.PHPのバージョン


3.拡張機能(WordPressの場合)

これは今までの改善点よりも難しそうだな……。

character_balloon
character_balloon

そうだね。専門知識が結構必要だから、詳しい人に頼むのがおすすめだよ。

まとめ

character_balloon

ページスピードインサイトをまとめると、こんな感じだよ~。

まとめ

◆サイトの読み込み速度をスコア表示したり、改善方法を教えてくれたりする分析ツール


◆ページスピードの改善は、ユーザビリティ向上とSEO対策に役立つ


◆診断結果を参考に、データ軽量化を目指そう

これからはページスピードインサイトを使いながら、サクサク進むWebページを目指していこうっと。

character_balloon

今日は教えてくれありがとう!

character_balloon
character_balloon

どういたしまして。またいつでも聞いてね~。

character_balloon

ブルー

SEO
マーケティングオートメーション(MA)
アフィリエイト
wordpress

SEOやエンジニアリングマーケティングが得意。非常にめんどくさがりで、動きたくないがために自分でコードを書いて自作のMAを組んだりする。自動化のためなら努力は惜しまない。

最新の記事一覧
最新の記事一覧