.webpとは?画像を効率よく表示しよう!のアイキャッチ画像

マーケティング

更新日: 2024/3/1

.webpとは?画像を効率よく表示しよう!

character_balloon

ピンクちゃん教えてー

イエローちゃん今日はどうしたの?

character_balloon
character_balloon

.webpってなに??

あー.webpについて教えてほしいのね!

character_balloon

じゃあ今日は.webpを説明するわよ

character_balloon

.webpとは?

.webpとは?画像を効率よく表示しよう!の画像_2枚目
character_balloon

.webpとは、Googleが開発した次世代画像フォーマットのことよ

character_balloon

圧縮率が高くて画像サイズが軽い上にSEO対策にも効果があるから、Webサイト制作で注目されているのよ

character_balloon

2010年にGoogleから公式発表されて、どんどん広がっているわよ

character_balloon

ちなみに読み方はウェッピーというわ

.webpと他の画像はどう違うの?

character_balloon

.webpと従来の画像形式がどう違うか説明していくわね

character_balloon

それぞれ特徴があるから適したものを採用していきたいわよね

.webpと.jpegの違い

.webpとは?画像を効率よく表示しよう!の画像_6枚目
character_balloon

.jpegは、.webpと同じくデータ量が軽くて.webpよりも表現できる色の数が多いけど、透過処理はできないわよ

character_balloon

Webサイトのように画像をたくさん使う場合には.jpegは向いていないわね

character_balloon

SNSのように写真を単体で投稿する場合には.jpegは有効な画像形式なのよ!

.webpと.pngの違い

.webpとは?画像を効率よく表示しよう!の画像_8枚目
character_balloon

.pngはデータ容量が大きいけど、透過処理ができるし表現できる色の数が多い上に画質の劣化が少ないのよ

character_balloon

データ容量の圧縮に成功すれば、Webサイト制作の際にも使える画像形式ね

.webpと.gifの違い

.webpとは?画像を効率よく表示しよう!の画像_10枚目
character_balloon

.gifはアニメーションに使用できるのが最大の特徴よ

character_balloon

最大256色しか対応していないから他の画像形式に比べて表現できる色の数は少なくて画質も荒いのよね

character_balloon

画質を求めず画像を動かしたいときには基本的にGIFが使われるわよ

.webpを使うとどんなメリットがあるの?

character_balloon

.webpはGoogleに発表されてから、大きくWebサイト制作の領域で注目されるくらいメリットがあるのよ

character_balloon

具体的にどんなメリットがあるか説明するわね

.webpを使うメリット1.画像サイズが軽くなる

.webpとは?画像を効率よく表示しよう!の画像_14枚目
character_balloon

.webpを使うと画像のファイルサイズを軽量化できるのよ

character_balloon

あまり画質を悪くせず圧縮できるから、デザイン性も失われないのがうれしいわね

character_balloon

.webpと.jpegを比較しても、25%以上画像サイズを軽くすることができるのよ

.webpを使うメリット2.表示速度が速くなる

.webpとは?画像を効率よく表示しよう!の画像_16枚目
character_balloon

.webpを使うと画像サイズが軽くなるから、Webサイトの表示スピードもあがるわよ

character_balloon

表示が遅いWebサイトはユーザビリティが悪いし、離脱率も高くていいことがないのよね

character_balloon

表示スピードが改善されるとUXが高まって、売上アップやファン獲得も期待できるのよ

.webpを使うメリット3.SEO対策に効果あり

.webpとは?画像を効率よく表示しよう!の画像_18枚目
character_balloon

.webpを採用してWebサイトの表示スピードが改善されるとSEO対策にも効果があるわ

character_balloon

Googleはページの表示スピードを1つの評価指標としているから、速度が速いWebサイトは掲載順位が上がることが多いのよ

character_balloon

逆に表示スピードが遅いWebサイトは掲載順位が落ちる可能性が高いから、.webpの利用が推奨されているのよ

.webpを使うデメリットはあるの?

character_balloon

.webpを使うとメリットも大きいけど、デメリットもあるのよ

character_balloon

どんなデメリットがあるか説明していくわね

.webpを使うデメリット1.Javascriptと相性が悪い

.webpとは?画像を効率よく表示しよう!の画像_22枚目
character_balloon

.webpはJavaScriptとの相性が悪くて、使用判定が出ないこともあるのよ

character_balloon

ブラウザによって差異はあるけど、JavaScriptがたくさん組み込まれたWebサイトでは.webpは使いづらい画像形式になるわ

character_balloon

無理やり埋め込むこともできるけど、開発コストもかかってしまうからおすすめできないのよ

.webpを使うデメリット2.非対応のブラウザもある

.webpとは?画像を効率よく表示しよう!の画像_24枚目
character_balloon

.webpはどんどん広まっているけど、まだ対応されていないブラウザもあるのよ

character_balloon

とはいっても、Google ChromeやFireFoxやSafariなど、主要なブラウザはすでに対応されているわ

character_balloon

今後も対応するブラウザは増えていくはずよ!

.webpに変換する方法ってどうやるの?

character_balloon

画像や写真を.webpに変換する方法を2種類紹介するわよ

character_balloon

意外と簡単に実践できるから、ぜひ挑戦してみてちょうだいね

.webpに変換する方法1.Photoshopで変換

character_balloon

PhotoshopのプラグインWebPShopを使うと.pngや.jpegの画像形式を.webpに変換することができるわよ

character_balloon

Photoshop単体では.webpは扱えなくて、WebPShopのインストールが必要な点だけ注意してね

character_balloon

WebPShopを入れれば、Photoshop上で.webp形式の画像を開いたり編集したりすることができるのよ

.webpに変換する方法2.WordPressのプラグインを使用

character_balloon

ブログやWebサイト制作で人気のCMS、Wordpressでも.webpを扱えるプラグインWebP Converter for Mediaがあるわよ

character_balloon

.webpに対応しているブラウザか判断してくれて、.webpが使える場合は.webp形式で、.webpが使えない場合は.jpegか.png形式で表示してくれるのよ

character_balloon

プラグイン導入前にアップロードしていた画像も一括で変換してくれるから開発工数がかなり抑えられるわよね!

まとめ

character_balloon

最後に.webpについてまとめておくわよ

まとめ

◆.webpとは、Googleが開発した次世代画像フォーマット


◆圧縮率が高くWebサイト制作において注目されている


◆SEO対策にも効果があり、対応するブラウザも増えている


◆画像を.webpに変換できるツールを使うのが有効

.webpって新しい画像形式だったんだねー

character_balloon

.webp形式でWebサイトを作ってみたくなったよ!

character_balloon
character_balloon

表示速度が改善されるといいわね

character_balloon

ピンク

経営企画・ビジネス
財務・会計
広報・PR

お姉さんキャラで真面目。真面目だから、資金調達や事業計画を練る経営企画周りが得意。一方で、流行りのマーケティングには疎い。

最新の記事一覧
最新の記事一覧