デジタルデバイドとは?意味や5つの原因、対策事例を徹底解説!のアイキャッチ画像

ビジネス

更新日: 2024/3/9

デジタルデバイドとは?意味や5つの原因、対策事例を徹底解説!

character_balloon

ピンクちゃん、デジタルデバイドって聞いたことある?

もちろん知っているわ。

character_balloon
character_balloon

よかった。デジタルデバイドについて教えてくれる?

character_balloon

ええ、いいわよ!

character_balloon

ありがとう!今度の会議で説明しないといけないの。

デジタルデバイドとは?

character_balloon

デジタルデバイドとは、インターネットやコンピュータなどのデジタル技術を利用できる人と利用できない人の間に生じる、情報格差のことよ。

そうなのね!

character_balloon
character_balloon

デジタル化する社会では、スマートフォンやタブレットなどのIT機器やSNSの活用が一般的になったわ。

character_balloon

インターネットやデジタルデバイスの使用に慣れない人は、デジタル情報へのアクセスが難しくなっているの。

character_balloon

デジタルデバイドは、教育、医療、経済活動などで不平等を生み出す原因にもなっているのよ。

情報格差が大きくなるのは問題だね…。

character_balloon
character_balloon

そうね。情報を手に入れやすい人と、そうでない人の間の差が拡大しているわ。

デジタルデバイドの原因を理解しよう!

デジタルデバイドは、なぜ起こってしまうの?

character_balloon
character_balloon

デジタルデバイドの原因は主に以下の5つよ。

デジタルデバイドの原因

1.所得の格差


2.ITインフラ不足


3.デジタルスキル不足


4.高齢者化社会


5.政府の政策


character_balloon

デジタルデバイドが起こる原因には、社会的要因や技術革新などの背景があるの。

character_balloon

それぞれ詳しく解説するわね。

1.所得の格差

character_balloon

経済的に余裕がない家庭や地域は、高速インターネットや最新のデジタルデバイスを購入できないことが多いの。

そうだよね。スマートフォンって高いもん。

character_balloon
character_balloon

社会のデジタル化が進む中、スマートフォン、パソコン、タブレットなどのデジタルデバイスを持てないと、入手できる情報も少なくなるわ。

character_balloon

だから、所得の差がデジタルデバイドの原因となっているの。

2.ITインフラ不足

character_balloon

ITインフラの不足も、デジタルデバイドの原因よ。

具体的にどういうこと?

character_balloon
character_balloon

発展途上国や過疎地では、インターネット接続などのITの通信インフラが十分に整備されていないことが多いわ。

character_balloon

ITインフラが整備されている都市部と比較すると、そうした地域に住む人たちがアクセスできるデジタル情報は限定されるわよね。

なるほど!

character_balloon

3.デジタルスキル不足

character_balloon

スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器を扱う知識やスキル不足も、デジタルデバイドの原因よ。

character_balloon

例えば、スマートフォンやパソコンの操作に慣れていないと、インターネット上で公開されている様々な公式情報を入手できない場合もあるわ。

character_balloon

デジタルスキルは、デジタル機器の操作だけでなく、インターネット上で入手した情報を正しく理解するスキルも含まれるの。

インターネットには、間違った情報も多いからね!

character_balloon

4.高齢者化社会

character_balloon

高齢の人は、若年層と比べるとデジタル機器の使い方ががわからない人が多いわ。

character_balloon

自分にはスマートフォンなどのデジタル機器は必要ないと思っている人も多いのよ。

確かに!いまだにガラケーを使っている人もいるよね。

character_balloon
character_balloon

ええ。社会の高齢化が進むことで、デジタル機器に慣れている世代と高齢者の情報格差は広がるばかりね。

5.政府の政策

character_balloon

国際間のデジタルデバイド原因の1つが、政府の政策よ。

character_balloon

国の政策でIT通信のインフラ整備がされないと、国民のインターネット利用率が低くなるわ。

国の政策に大きく影響されるのね。

character_balloon
character_balloon

そう。教育制度でデジタルスキルの教育をしている国としない国の間でも、格差が発生するわね。

デジタルデバイドの2つの事例を紹介!

デジタルデバイドの具体的な事例も知りたい!

character_balloon
character_balloon

デジタルデバイドの2つの事例があるわ!

character_balloon

デジタルデバイドが社会的にもさまざまな影響を与えていることが分かるわよ。

character_balloon

2つの事例について解説するわね。

1.オンライン授業へのアクセス

character_balloon

新型コロナウイルス感染症の流行により、多くの国で学校が閉鎖され、オンライン授業が普及したわ。

character_balloon

でも、低所得家庭の子どもたちは、十分なインターネット環境やデジタルデバイスを持たないケースが多かったの。

character_balloon

そのため、オンライン授業を受けることができず、授業のカリキュラムについていけない子供もいたわ。

そんな〜!

character_balloon
character_balloon

これが、デジタルデバイドが教育の不平等につながった例よ。

2.発展途上国のインフラ不足

character_balloon

発展途上国では、インターネット等の通信インフラが整っていないことが多いわ。

character_balloon

そうすると、情報へのアクセスやオンラインサービスの利用が制限されるてしまうの。

確かに!

character_balloon
character_balloon

経済的機会や教育、医療サービスへのアクセスにも大きな影響を及ぼすのよ。

character_balloon

例えば、発展途上国でパンデミックが起こっても、遠隔医療による診療やオンラインでの情報収集が困難なケースが多いわ。

各国が行っているデジタルデバイドの対策を解説

character_balloon

デジタルデバイドの対策は、世界各国で様々な取り組みが行われているわ。

それはいいことだね!

character_balloon
character_balloon

例えば、インターネット接続のインフラ整備、低所得家庭へのデバイスやデジタルスキルの提供が行われているの。

character_balloon

日本では、地方自治体が高齢者向けにデジタル教育プログラムを提供したり、学校でのタブレットの1人1台配布が進められているわ。

character_balloon

また、非営利団体や企業も、無料のWi-Fiスポットの設置やオンライン教育プログラムを提供してるのよ。

デジタルデバイド対策事例を5つ紹介!

character_balloon

デジタルデバイドの対策事例を5つ紹介するわ。

character_balloon

色々な組織や団体がデジタルデバイドの対策をしているのよ。

デジタルデバイドの対策事例

1.高齢者向け支援メロウ倶楽部


2.高齢者向けスマートフォン講座


3.オンラインサービス利用支援


4.通信インフラ整備と通信割引


5.低所得層向けインターネットサービスの提供

具体的に知りたい!

character_balloon
character_balloon

それぞれ解説するね。

1.高齢者向け支援メロウ倶楽部

character_balloon

メロウ倶楽部は、オンライン会議システムを活用したシニアコミュニティの構築と生活支援を目的としているわ。

character_balloon

パソコン通信の時代から始まり、インターネットへと移行してきた「シニアによる、シニアのための」コミュニティとして成長してきたの。

character_balloon

「車いすに座っていても、会員生活を存分に楽しめる」という理念のもと、全国規模でオンラインでの活動に力を入れているわ。

すごいね!

character_balloon

2.高齢者向けスマートフォン講座

character_balloon

年配の世代では、スマートフォンやタブレットの使用率は低い傾向にあるわ。

character_balloon

デジタル格差をなくすには、高齢者のデジタルスキルの強化が重要なの。

character_balloon

高齢者のスマートフォンの使い方の習得が1つの手段よ。

character_balloon

携帯電話店や地方自治体は、高齢者が容易に通える場所でスマートフォン教室を開催していることがあるの。

高齢者の人も安心だね!

character_balloon
character_balloon

教室では、スマートフォンの基本操作やインターネット検索方法の講習やサポートをしているわ。

3.オンラインサービス利用支援

character_balloon

民間企業や公共の手続きでも、オンライン化が進んでいるの。

確定申告や補助金の申請も、オンラインでできるようになってきてるよね!

character_balloon
character_balloon

でも、オンライン手続きの利用方法が複雑だったり、オンラインサービスの存在自体を知らない人もいるわ。

character_balloon

地方自治体では、市民にオンラインサービスの使い方のアドバイスや講習会を開催していることもあるわよ。

4.通信インフラ整備と通信割引

character_balloon

デジタル技術の普及を目指して、さまざまな地域で通信インフラの整備が進められているの。

character_balloon

例えば、過疎地のインターネット環境を整えることで、デジタルデバイスの利用の促進が期待できるわ。

character_balloon

通信料金の割引も実施されているわ。

それはいいことだね!

character_balloon
character_balloon

格安スマートフォンや格安プランの登場により、購入を躊躇していた層もスマートフォンを入手しやすくなったの。

5.低所得層向けインターネットサービスの提供

character_balloon

海外の事例だけど、中国では、低所得者向けのインターネットサービス提供を強化したの。

character_balloon

この取り組みにより、中国では都市と農村間のデジタル格差が縮小したといわれているわ。

character_balloon

アメリカでは、Googleが低所得の公営居住世帯に無料で高速インターネットサービスを提供した事例があるわね。

character_balloon

これが、所得格差に起因するデジタルデバイドの対策事例よ。

まとめ

character_balloon

最後に、デジタルデバイドについてまとめるわね。

まとめ

◆デジタルデバイドとは、インターネットやコンピュータなどのデジタル技術を利用できる人と利用できない人の間に生じる情報格差のこと


◆デジタルデバイドの原因は、所得の格差、ITインフラ不足、デジタルスキル不足、高齢者化社会、政府の政策の5つがある


◆デジタルデバイドを解消するために、地方自治体や民間企業が対策を行っている

character_balloon

デジタルデバイドについて理解できたかしら?

うん!ばっちりだよ!

character_balloon
character_balloon

よかったわ。

解説ありがとう!

character_balloon
character_balloon

ピンク

経営企画・ビジネス
財務・会計
広報・PR

お姉さんキャラで真面目。真面目だから、資金調達や事業計画を練る経営企画周りが得意。一方で、流行りのマーケティングには疎い。

最新の記事一覧
最新の記事一覧