ランディングページとは?改善方法も丁寧に解説!のアイキャッチ画像

マーケティング

更新日: 2023/11/10

ランディングページとは?改善方法も丁寧に解説!

character_balloon

パープルちゃーん!

character_balloon
character_balloon

広告の管理画面にランディングページって書いてあるんだけど、これってどういう意味なの??

あー、ランディングページとかって、最初はよく分からないわよね...

character_balloon

それじゃあ今回は、ランディングページとはなにかを解説するわね

character_balloon

ランディングページとは?

character_balloon

ランディングページ(LP)とは、ユーザーが最初に訪れるページのこと

character_balloon

Landing Pageの頭文字を取ってLPと呼ばれることも多いわね

character_balloon

ちなみに「ユーザーが最初に訪れるページ」っていうランディングページの意味自体は変わらないんだけど、

character_balloon

Webサイトを分析するときのランディングページと、広告で使うランディングページは少し意味合いが異なるわよ

character_balloon

それぞれ解説するわね!

ランディングページの意味1.Webサイトの分析

character_balloon

Webサイトを分析する際に使用するランディングページは、「Webサイト」に対するランディングページだから、複数のページが対象となる

character_balloon

画像にすると、

ランディングページとは?改善方法も丁寧に解説!の画像_5枚目
character_balloon

こんな感じで、トップページも含めて、様々なページが「ユーザーが最初に訪れるページ」になりうるわよね

character_balloon

だからWebサイトを分析する上での定義では、どのページでも、最初にユーザーが訪れたらランディングページとして扱うことになっている

ランディングページの意味2.広告

character_balloon

一方で、広告に使用するランディングページは、1広告につき1ページを指定するから、特定のページだけがランディングページの対象となる

character_balloon

画像にすると、

ランディングページとは?改善方法も丁寧に解説!の画像_8枚目
character_balloon

こんな感じで、トップページや他のページは無くても、1ページだけ存在すれば広告を出稿することはできるから、そのページをランディングページと呼ぶ

character_balloon

ただその分、1ページで「お問い合わせ」や「資料請求」などの色々な機能を持たせる必要があるのよね

character_balloon

言葉で言われるよりも実際に実例を見た方がわかりやすいと思うから、事例を出すと、

character_balloon

広告でよく見るランディングページは、こんな感じで1ページでサービスを紹介して、最後にお問い合わせがついていることが多いわよね!

character_balloon

こういう風に、Webサイトを分析する際に指すランディングページと、広告で指すランディングページには、中のコンテンツによる違いがある

ランディングページの3つの特徴!

character_balloon

広告に使用するランディングページには、3つの特徴があるわ

character_balloon

それぞれ紹介していくわね

ランディングページの特徴1.縦に長い1ページで完結

character_balloon

ランディングページの特徴の1つ目は、縦に長く、1ページで完結していること

character_balloon

ページ遷移するような複数のページ構成にすると、ユーザーがランディングページから離脱してしまうことが多いわ

character_balloon

だから広告のランディングページは大抵の場合、1ページで完結していることが多いわね

character_balloon

1ページでユーザーに伝えたいコンテンツを入れきるから、自然と縦長のページになってしまうのよね、、。

ランディングページの特徴2.コンバージョンポイントが明確

character_balloon

ランディングページの特徴の2つ目は、コンバージョンポイントが明確なこと

character_balloon

コンバージョン(CV)とは、WebサイトやAppが目標としているアクションを、訪れたユーザーが起こしてくれた状態のことを指すわ

character_balloon

「お問い合わせ」や「資料請求」をコンバージョンポイントとして置いているランディングページが多いわね

character_balloon

事例を挙げると、お問い合わせをコンバージョンポイントにしたランディングページだと、ページ下部に、

ランディングページとは?改善方法も丁寧に解説!の画像_15枚目
character_balloon

こういったお問い合わせフォームがよく設置してあるわ

character_balloon

こういったランディングページは、お問い合わせをしてもらうことが目的でランディングページを作って、広告に出稿しているのよね!

ランディングページの特徴3.デザインが派手でユーザーを惹きつける

character_balloon

ランディングページの特徴の3つ目は、デザインが派手で、ユーザーを惹きつけることが挙げられるわね

character_balloon

広告でユーザーがランディングしたときに、ユーザーがコンバージョンせずに離脱した分だけ、広告費が嵩んでしまうのよ

character_balloon

だから、なるべくランディングしたユーザーにコンバージョンしてもらうために、派手なデザインでユーザーを惹きつけるデザインをしたランディングページが多いわね

character_balloon

ただ、注意が必要で、

character_balloon

例えば、商品販売のランディングページで本当は料金がかかるのに「送料無料!」とか、嘘のことをランディングページに表示すると景品表示法に違反するから、嘘偽りなくその商品の良い点だけを強調する必要があるわ

character_balloon

どういったものが景品表示法違反に該当するのかは、消費者庁が出しているガイドラインがあるからそこを参照するのがおすすめね

ランディングページの改善方法は?

character_balloon

最後に、ランディングページの改善方法を4つ紹介するわ

character_balloon

どれも広告のランディングページには有効打だから、しっかりと対応するのがおすすめね

ランディングページの改善方法1.ファーストビューの改善

ランディングページとは?改善方法も丁寧に解説!の画像_21枚目
character_balloon

まず1つ目のランディングページの改善方法は、ファーストビューを改善すること

character_balloon

直帰率が非常に高かったり、セッション時間が極端に短いなどがあれば、ユーザーがランディングしてからすぐ離脱しているから、ファーストビューの修正を検討すべき

character_balloon

経験上、ファーストビューには「広告で訴求した内容を少しでも入れる」ことで直帰率やセッション時間が改善するからおすすめよ!

ランディングページの改善方法2.ヒートマップツールで離脱ポイントを確認

ランディングページとは?改善方法も丁寧に解説!の画像_23枚目
character_balloon

2つ目のランディングページの改善方法は、ヒートマップツールで離脱ポイントを確認して、離脱ポイントを改善すること

character_balloon

直帰率が高かったり、セッション時間が短い場合には、「ファーストビューからは進んでいるけど、コンバージョンポイントには辿り着かずに離脱した可能性」があるのよね

character_balloon

だから、ヒートマップツールで、ユーザーがどこで離脱したのかを確認するのを推奨するわ

character_balloon

おすすめのヒートマップツールは、Microsoftが出しているClarityね

character_balloon

Clarityなら、無料で上記画像のように、ランディングページ上でユーザーがどこに着目しているのかを把握することができるわ

character_balloon

ユーザーが離脱しているであろう箇所のデザインを改修し続ければ、ユーザーを離脱させずにコンバージョンポイントまで連れていけるわね!

ランディングページの改善方法3.コンバージョンポイントの改善

ランディングページとは?改善方法も丁寧に解説!の画像_25枚目
character_balloon

3つ目のランディングページの改善方法は、コンバージョンポイント自体を改善すること

character_balloon

これはセッション時間はある程度あるのに、それでもコンバージョンしないのなら、「問い合わせ」や「資料請求」などの入力フォーム自体に問題があると考える方針

character_balloon

入力フォームなどのコンバージョンポイントは、常にページ下部に、「お問い合わせはこちら!」のようなボタンを表示しておくのも良い手段よ

character_balloon

また、最近だとチャット形式にしてお問い合わせに遷移させるのもコンバージョン率が高まるからおすすめの手法よ!

ランディングページの改善方法4.スマートフォン対応しているか

ランディングページとは?改善方法も丁寧に解説!の画像_27枚目
character_balloon

最後のランディングページの改善方法は、適切なデバイスに対応しているかを確認すること

character_balloon

そもそも、広告を配信しているデバイスにランディングページが対応していないと、デバイスに合わないデザインをユーザーは見ることになるから、それだけでコンバージョンは大きく下がるわ

character_balloon

私の経験上、デバイスに合わないランディングページを用いたことでコンバージョン率が60〜70%ほど下がったことがあるから、スマートフォンに配信するならスマートフォン向けのランディングページを。パソコンに配信するならパソコン向けのランディングページをそれぞれ用意することが大切

まとめ

character_balloon

最後にランディングページについてまとめるわね

まとめ

◆ランディングページ(LP)とは、ユーザーが最初に訪れるページのこと


◆「最初にユーザーが訪れたページ」という定義は同じだが、Webサイトを分析する際に指すランディングページと、広告で指すランディングページには違いがある


◆広告のランディングページは「複数のページを作るとユーザーの離脱が生じる」という観点から、1ページにコンテンツを詰めがち。そのため、縦に長いページになりやすい。


◆ランディングページの改善方法は、直帰率やセッション時間の指標を確認して「ファーストビューに問題があるのか」「ページ内のどこで離脱が生まれたのか」「コンバージョンポイントとなる入力フォームなどで離脱していないか」を確認し、それに応じた改善を行う

character_balloon

いかがかしら?

さすがパープルちゃん、すごい分かりやすかったよ!!

character_balloon

直帰率とセッション時間を出して、どの改善をすべきか考えてみるね!

character_balloon
character_balloon

はーい、がんばってね〜

character_balloon

パープル

リスティング広告
ディスプレイ広告
オフライン広告

得意分野は広告。数字に強く、リスティングやディスプレイ広告でCPAを追うだけでなく、その先のLTV/CACでのトラッキングも行う。また、オフライン広告も得意で、サイネージ広告や電車内広告などにも強みを持つ。

最新の記事一覧
最新の記事一覧