リスティング広告とは?掲載順位のアルゴリズムも解説!のアイキャッチ画像

リスティング広告

更新日: 2023/12/5

リスティング広告とは?掲載順位のアルゴリズムも解説!

character_balloon

パープルちゃん!パープルちゃん!

character_balloon
character_balloon

クライアントから「リスティング広告が効果が良いらしいから出してみたい」って言われたんだけど、リスティング広告って何かわからなくて、、。

character_balloon

教えてもらえないかな??

あー...まぁ最初は何も分からないわよね。。

character_balloon

それじゃあ今日は、リスティング広告とは何かを解説するわね

character_balloon

リスティング広告とは?

character_balloon

リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードに沿って、検索結果に表示される広告のことを指す

character_balloon

例えば、「自動車 保険」って検索した時に、

リスティング広告とは?掲載順位のアルゴリズムも解説!の画像_3枚目
character_balloon

上画像の赤い枠がリスティング広告で、青い枠が通常の検索結果(オーガニック検索)ね

character_balloon

赤い枠の部分はリスティング広告としてお金を払えば表示できるけど、青い枠はGoogleのアルゴリズムに基づいて表示されるからSEOなどの知識が必要になってくる

リスティング広告で獲得できるユーザー層は?ファネルで解説!

リスティング広告とは?掲載順位のアルゴリズムも解説!の画像_5枚目
character_balloon

次に、リスティング広告で獲得できるユーザー層について、ファネルをもとに解説するわね

character_balloon

リスティング広告は、検索結果に表示できる広告枠だから、そのキーワードで検索するほど「興味・関心の高いユーザー(顕在需要)」を獲得することができる

character_balloon

一方でディスプレイ広告は、サイト上の一部に表示する広告だから、リスティング広告ほど興味・関心が高いユーザーは狙えないのよ

character_balloon

そのおかげで、リスティング広告はディスプレイ広告よりも高いCVRを出せるから、初めて広告を打つならリスティング広告をおすすめするわ

character_balloon

ディスプレイ広告をもっと知りたい人は、「ディスプレイ広告とは?広告配信の仕組みやメリット・デメリットも交えてご紹介!」で紹介しているから、興味があれば読んでみるといいかもね

リスティング広告の費用が発生するタイミングは?

リスティング広告とは?掲載順位のアルゴリズムも解説!の画像_7枚目
character_balloon

リスティング広告はクリック課金だから、リスティング広告がクリックされたタイミングで費用が発生するわよ

character_balloon

1クリックの金額(CPC)は、キーワード毎によって異なる

character_balloon

一方で、ディスプレイ広告は、ユーザーの端末に表示されただけで費用が発生するインプレッション課金よ

character_balloon

ただ、ディスプレイ広告の1インプレッションにかかる費用は低いから、結局、1クリックを獲得するまでの費用はリスティング広告と変わらないことが多いわ

リスティング広告の掲載順位はどう決まる?

character_balloon

リスティング広告の掲載順位は「入札価格 × 広告の品質」で計算される

ええ、掲載順位のアルゴリズムがあるの?!

character_balloon
character_balloon

そうよ。Googleが公式で発言しているわ!

広告ランクは、ページ上でどの広告をどの位置に表示するかを決める数値です。広告ランクは、広告が表示対象になるたびに再計算されます。広告はオークションにかけられるため、その時点での競合状況、ユーザーが検索を行ったときの背景(コンテキスト)、その時点での広告品質に応じて毎回変動します。

引用元: 広告ランクについて
character_balloon

それぞれの指標を紹介するわね

リスティング広告の掲載順位1.入札価格

character_balloon

リスティング広告の掲載順位を決める1つ目のアルゴリズムは、入札価格

character_balloon

入札価格とは、その名の通り、そのキーワードに表示する費用をより高く出してくれる広告主を優先するリスティング広告のアルゴリズムのこと

character_balloon

例えば、

入札金額の例

・A社が100円


・B社が150円


・C社が400円


・D社が200円

character_balloon

っていう場合は、「C社、D社、B社、A社」の順番で優先して表示されるのが入札価格のアルゴリズムね

あー...まぁGoogleにとって、1クリック単価の高い広告主を上位に表示した方が、儲かるもんね

character_balloon
character_balloon

えぇそうね、、。

character_balloon

もちろんだけど、クリック単価を上げれば上げるほど、コンバージョンしたときに生じる売上に見合わない費用になっていくから注意が必要ね...

リスティング広告の掲載順位2.広告の品質

character_balloon

リスティング広告の掲載順位を決める2つ目のアルゴリズムは、広告の品質

character_balloon

広告の品質は、品質スコアとも呼ばれるわね

character_balloon

広告の品質は下記の3要素で構成されているわ

品質スコアを構成する3つの要素

・広告の関連性


・推定クリック率


・ランディングページの利便性

character_balloon

それぞれサクッと解説すると、

character_balloon

1つ目の広告の関連性は、リスティング広告で設定したキーワードが、ランディングページにどれだけ関連しているかを指すスコア

character_balloon

2つ目の推定クリック率は、想定されるであろう検索結果でのクリック率を表す

character_balloon

3つ目のランディングページの利便性は、ユーザーにとってそのランディングページがどれだけ使いやすいかを表すわね

character_balloon

もっと詳しく知りたい人は、「3種類の品質スコアとは?リスティング広告の順位を改善しよう!」で各スコアの改善方法まで紹介しているから、読んでみるといいわよ

リスティング広告のメリットとデメリットを紹介!

character_balloon

次に、リスティング広告のメリットとデメリットを解説するわ

リスティング広告のメリット1.費用対効果(ROAS)が合いやすい

リスティング広告とは?掲載順位のアルゴリズムも解説!の画像_17枚目
character_balloon

まず1つ目に挙げるリスティング広告のメリットは、費用対効果(ROAS)が合いやすいこと

character_balloon

さっきも挙げたけど、リスティング広告は検索結果に表示できることから、検索を行うほど興味・関心の高い顕在需要層にアプローチできる

character_balloon

だから、リスティング広告は安定して高いCVRを出すことができて、費用対効果(ROAS)が合いやすいわ

リスティング広告のメリット2.分析や運用が楽

リスティング広告とは?掲載順位のアルゴリズムも解説!の画像_19枚目
character_balloon

2つ目に挙げられるリスティング広告のメリットは、分析や運用が楽なことね!

character_balloon

ディスプレイ広告は画像やテキストに対し、リスティング広告はテキストのみだから、施策の効果測定が楽なのよ

character_balloon

あと、リスティング広告はテキストを入れておくと、GoogleのAIが自動でテキストを組み合わせてクリック率(CTR)が高くなるように広告文言を作ってくれるから、運用も楽なのよね〜

character_balloon

自動で色々やってくれるし、費用対効果も高いところから、売上を求めるならリスティング広告は最初に広告を出稿するのにおすすめね!

リスティング広告のデメリット1.競合が多い

リスティング広告とは?掲載順位のアルゴリズムも解説!の画像_21枚目
character_balloon

次に、リスティング広告のデメリットを紹介するわね

character_balloon

1つ目に挙げるリスティング広告のデメリットは、競合が多いこと

character_balloon

競合が多いと、みんなクリック単価を高められるだけ高めて、多くの流入を獲得しようとするから、費用対効果(ROAS)が悪くなるのよ

character_balloon

これは例を挙げると「1CVで1,000円の報酬が発生するプロダクトの場合、みんなが類似したキーワードで表示しようとするから、結局1CV獲得するクリック単価が1,000円を超えない程度まで高まる」ということね...

character_balloon

リスティング広告を出稿する際は、必ず費用対効果(ROAS)を確認しながら出稿した方がいいわね、、。

リスティング広告のデメリット2.認知拡大には向いていない

リスティング広告とは?掲載順位のアルゴリズムも解説!の画像_23枚目
character_balloon

2つ目に挙げるリスティング広告のデメリットは、認知拡大・ブランディングには不向きということね

character_balloon

ディスプレイ広告は「検索までは行わないけど、興味・関心は持っている潜在需要の幅広いユーザー」に「画像付き」で訴求できるけど、

character_balloon

リスティング広告は「検索を行うほど、興味・関心の高い顕在需要の狭いユーザー」に「テキストだけ」で訴求するから、より狭いユーザーで、テキスト訴求だから認知拡大やブランディングには不向きなのよね...

たしかに、テキストだけだと認知拡大とかブランディングは無理そうだね、、。

character_balloon
character_balloon

そうね。。だから広告を出稿するときは、目的に沿って出稿すべきね!

リスティング広告を出稿するには?

リスティング広告とは?掲載順位のアルゴリズムも解説!の画像_25枚目
character_balloon

リスティング広告を出稿するには、Google広告を活用するのがおすすめ

character_balloon

Google広告では「検索キャンペーン(リスティング広告)」「アプリキャンペーン」「ディスプレイキャンペーン(ディスプレイ広告)」を選んで広告の出稿ができるわ

character_balloon

リスティング広告は「検索キャンペーン(リスティング広告)」で出稿することができるわよ

リスティング広告の最適な運用方法を解説!

character_balloon

リスティング広告のおすすめの運用方法を紹介するわ

character_balloon

私のおすすめは、

おすすめのリスティング広告の運用フロー

1. キーワードの表示条件(マッチタイプ)を、部分一致にし、さまざまなキーワードで表示する


2. 費用対効果(ROAS)を確認し、効果の悪いキーワードを、フレーズ一致にて除外する


3. 1-2番を繰り返し、効果の良いキーワードだけ残す

character_balloon

こんな感じね!

character_balloon

リスティング広告を表示するキーワードを設定する際に、「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」を選択できるけど、部分一致を活用すると、設定したキーワードに類似したキーワードにまで表示することができる

character_balloon

その後、費用対効果(ROAS)の悪いキーワードを、フレーズ一致で除外すると、効果の悪いキーワードは除外できるわ!

character_balloon

それぞれのキーワードの条件に関しては、「完全一致とは?」「フレーズ一致とは?」「部分一致とは?」にまとめているからそちらを参照するといいわよ

まとめ

character_balloon

最後に、リスティング広告とは何かについてまとめるわね

まとめ

◆リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードに沿って、検索結果に表示される広告のこと


◆リスティング広告は、顕在需要にアプローチができるため、CVRが高い


◆リスティング広告の費用は、クリック毎に発生するクリック課金


◆リスティング広告は、テキストのみ&GoogleのAIによる広告文言の自動化があるため、分析や運用が楽


◆リスティング広告は、顕在需要にはアプローチできるが、潜在需要にはアプローチできないため、認知拡大には不向き


◆リスティング広告の運用は「部分一致で表示 => フレーズ一致を用いた除外キーワードで効果の悪いキーワードを除外」という運用がおすすめ!

character_balloon

うん、どうかしら?

わぁ!さすがパープルちゃん!!

character_balloon

Google広告でリスティング広告出稿して、クライアントに見せてくるね!!

character_balloon
character_balloon

行ってらっしゃい、がんばってね〜

character_balloon

パープル

リスティング広告
ディスプレイ広告
オフライン広告

得意分野は広告。数字に強く、リスティングやディスプレイ広告でCPAを追うだけでなく、その先のLTV/CACでのトラッキングも行う。また、オフライン広告も得意で、サイネージ広告や電車内広告などにも強みを持つ。

最新の記事一覧
最新の記事一覧