PaaSとは?サービスの内容や特徴を解説!のアイキャッチ画像

マーケティング

更新日: 2024/1/24

PaaSとは?サービスの内容や特徴を解説!

character_balloon

上司がパソコンの買い替えるタイミングでPaaSを導入してみようかなーって悩んでたんだけど、PaaSって何か知ってる?

もちろん知ってるよ!最近になって利用する人が増えてきているね

character_balloon
character_balloon

そうなの?なんか他にも種類があるみたいだし、詳しく教えて

じゃあ、今回はPaaSについて内容や特徴を紹介していくね

character_balloon

PaaSとは?

PaaSとは?サービスの内容や特徴を解説!の画像_2枚目
character_balloon

PssSとは、サーバーの細かい設定が必要なく、ソフトウェアをアップロードするとすぐに動かせるサーバーのことね

character_balloon

例えば、Vercel, Heroku, Netlifyなどのサーバーホスティングサービスが挙げられるわ

character_balloon

Platform as a Serviceの略称で、みんな「パース」って呼んでいるわね

そうなんだね!じゃあエンジニアの人達向けのサービスなのかな?

character_balloon
character_balloon

そうね!エンジニアさんが、より簡単に、手軽にサーバーにサービスをデプロイすることを目的としたサーバーなのよ!

character_balloon

最近のWeb業界だと、このPaaSを使ってサービスを手軽に作ることが主流になってきているわ

IaaSとの違いについて

PaaSとは?サービスの内容や特徴を解説!の画像_4枚目
character_balloon

IaaSは、ストレージやCPUなど、細かい箇所まで設定ができるサーバーのことよ

character_balloon

例えば、Amazon Web Service(AWS), Google Cloud Platform(GCP), MicrosoftのAzureなどが挙げられるわ

あー、PaaSと違って細かいところにまで手が届くサーバーなのかな?

character_balloon
character_balloon

そうね!だから一番環境構築の自由度が高い一方で、専門知識がある人でないと難しいという特徴もあるわねー

character_balloon

昔から稼働しているサービスは、IaaSを使用していることが多いわね

SaaSとの違いについて

PaaSとは?サービスの内容や特徴を解説!の画像_6枚目
character_balloon

SaaSは、Software as a Serviceの略で、サーバー上で動かすソフトウェアのことを指すわ

character_balloon

オンラインで動くソフトウェア全てを指すから、Gmail・食べログ・SmartHRなどのサービスが挙げられるわ

SaaSって、オンラインで動くサービスを指す言葉なんだね!てっきり、サブスクモデルのことを指してるのかと思ったよ

character_balloon
character_balloon

あー、最近のスタートアップ界隈では、「SaaS = サブスクリプションモデル」と考えられていて、SaaSと言うとサブスクのことを指すことが多いのよね

character_balloon

確かに、もうそれで定着したから、それはそれで正しいんだけど、IaaS, PaaS, SaaSと並べた時はやっぱり、SaaSは「オンラインで稼働するサービス全体のことを指す言葉」なのよね

PaaSのメリットは?

PaaSの他にIaaSとSaaSがあるんだね!PaaSって他と比べてどんなメリットがあるの?

character_balloon
character_balloon

PaaSのメリットは、5つあるわ

character_balloon

各メリットについて解説してくわね

メリット1.開発にかかる時間が短縮できる

PaaSとは?サービスの内容や特徴を解説!の画像_10枚目
character_balloon

PaaSには既にコーティング済のものが組み込まれているから、新しいアプリケーション開発にかかる時間を短縮できるわ

character_balloon

ディレクトリサービスやセキュリティ機能、ワークフローなどがそうね

最初からプログラミングコードを記述していく手間が省けるんだね!

character_balloon

メリット2.開発がすぐにスタートできる

PaaSとは?サービスの内容や特徴を解説!の画像_12枚目
character_balloon

PaaSにはミドルウェアなどが初めから用意されているから、インストールしたり障害が起きた時の対策であるパックアップの設定などを行う手間が省けるわ

じゃあすぐにアプリケーション開発に取り組めるんだね!

character_balloon
character_balloon

そうね。専門の開発人材を用意する必要がないのもメリットと言えるかしら

メリット3.開発環境の拡大がすぐにできる

PaaSとは?サービスの内容や特徴を解説!の画像_14枚目
character_balloon

PaaSを利用すれば、一定のプラットフォームがすぐに利用できるから、開発環境を拡大したい場合にもすぐに同じ環境を作り上げることができるわ

難しい設定を一からやり直したりする必要もないし便利だね!

character_balloon

メリット4.利用頻度に応じて拡張や縮小ができる

PaaSとは?サービスの内容や特徴を解説!の画像_16枚目
character_balloon

クラウド上でサービスを利用しているから、これまでには時間がかかっていたスペックの拡張や縮小が簡単な手続きですぐにできるわ。

確かに新しく機器を購入したりする必要もないし効率が良いね!

character_balloon

メリット5.運用コストや初期費用が最小限に抑えられる

PaaSとは?サービスの内容や特徴を解説!の画像_18枚目
character_balloon

PaaSは従量課金制であることから、使用した分にだけ料金がかかるの

character_balloon

最初にOSやハードウェアを購入する必要もないから初期費用も最低限に抑えられるわね!

なるほど!拡張も自由にできるし、キャンペーン時や繁忙期のみ必要な分だけ増やせばいいね

character_balloon

PaaSのデメリットは?

character_balloon

次に他のクラウド型サービスと比べた、PaaSのデメリットを2つ紹介していくわね

よろしくー

character_balloon

デメリット1.自由にセキュリティ対策ができない

character_balloon

PaaSでは既にセキュリティに関する整備などが行われているから、自社で自由にセキュリティ対策ができないわ

character_balloon

もちろん、販売する業者側でセキュリティ対策には十分な対策を講じているから安心なんだけど、リスクが全くないというわけではないわね

業者によっても対策の内容は違うだろうし、契約する前には、個人情報の取り扱いや暗号化対策について確認した方がいいかもね

character_balloon

デメリット2.途中での移行がやりにくい

character_balloon

PaaSではある程度、開発環境などが設定された状態からスタートしているから、それに慣れすぎちゃうと別の環境へ移行するのが大変になるわ

そっかー細かいところまで自由にカスタマイズできない分、自社の利用目的や作業内容に最適なPaaSを選ぶ必要があるね

character_balloon
character_balloon

そうね!あとはPaaSに限ったことではないんだけど、インターネットの障害が起きたりした場合には利用できないリスクがあることも知っておくべきね

まとめ

character_balloon

PaaSについてまとめると…

まとめ

◆PaaSとは、OSやミドルウェアなどの開発環境が備わったプラットフォームがインターネットで利用できるクラウド型のサービス


◆利用目的によってIaaSやSaaSと使い分ける必要がある


◆PaaSを利用することで開発環境をすぐに整えたり、初期費用や運用費用を抑えることができる


◆セキュリティ対策や開発環境は業者によって違うので、自社の目的に合った会社を選ぶ必要がある

character_balloon

こんな感じかな

ありがとう!

character_balloon
character_balloon

パープル

リスティング広告
ディスプレイ広告
オフライン広告

得意分野は広告。数字に強く、リスティングやディスプレイ広告でCPAを追うだけでなく、その先のLTV/CACでのトラッキングも行う。また、オフライン広告も得意で、サイネージ広告や電車内広告などにも強みを持つ。

最新の記事一覧
最新の記事一覧