4C分析とは?相性のいいフレームワークと事例を解説!のアイキャッチ画像

マーケティング

更新日: 2024/2/22

4C分析とは?相性のいいフレームワークと事例を解説!

character_balloon

パープルちゃん〜。

どうしたのかしら?

character_balloon
character_balloon

マーケティング戦略で活用する4C分析って何か知ってる?

もちろん知ってるわよ!

character_balloon

詳しく使い方や特徴を教えてくれないかな?

character_balloon
character_balloon

いいわよ、それじゃ4C分析について詳しく解説していくわね。

4C分析とは

4C分析とは?相性のいいフレームワークと事例を解説!の画像_2枚目
character_balloon

4C分析とは、Customer value(顧客価値)、Customer Cost(顧客コスト)、Convenience(利便性)、Communication(コミュニケーション)の4つの頭文字のCからきているわ。

character_balloon

4C分析は顧客視点でマーケティング戦略や製品戦略を構築するためのフレームワークだわね。

4C分析はマーケティング戦略においてどう役立つの?

character_balloon
character_balloon

企業が成功するには、必ず顧客のニーズを理解し、顧客価値を提供することが求められるから4C分析をきちんと理解しておく必要があるわね!

そうなんだ、失敗しないためにも詳しく教えてくれる?

character_balloon
character_balloon

それじゃ、4C分析について詳しく解説していくわね。

4C分析の構成要素を解説!

character_balloon

マーケティングにおいて製品やサービスを顧客に提供するためには、4Cの構成を要素をきちんと理解しておく必要があるわ。

4Cの構成要素

1.Customer value(顧客価値)


2.Customer Cost(顧客コスト)


3.Convenience(利便性)


4.Communication(コミュニケーション)

character_balloon

4C分析は、顧客の視点を重視するため、製品やサービス開発する際や市場の変化、顧客のニーズに合わせて柔軟な対応が必要だわね。

顧客視点を理解するためにも4Cの構成を1個ずつ教えてくれる?

character_balloon
character_balloon

それじゃ、4Cの構成要素を詳しく解説していくわね。

1.Customer Value(顧客価値)

4C分析とは?相性のいいフレームワークと事例を解説!の画像_6枚目
character_balloon

顧客価値とは、顧客が感じる企業の製品やサービスに対する価値だわね。

character_balloon

顧客が感じる価値には、製品の機能、デザイン性、ブランド力、アフターサービスと様々あるわね。

character_balloon

企業側は顧客がどんな製品やサービスを必要としているのか等、ニーズに基づいて製品やサービス開発していくことが重要だわね。

2.Cost(顧客コスト)

4C分析とは?相性のいいフレームワークと事例を解説!の画像_8枚目
character_balloon

顧客コストとは、顧客が製品やサービスに対して支払う値段のことだわね。

character_balloon

顧客コストは、顧客価値に深く関係していて、製品の価値が高ければ顧客は値段が高くても購入したくなるわね。

character_balloon

一方、製品に価値を感じなければ、値段が安くても購入されるには難しいわね。

character_balloon

購買意欲を高めるには、価格を下げるだけでなく製品の価値を高める視点も重要だわね。

3.Convenience(利便性)

4C分析とは?相性のいいフレームワークと事例を解説!の画像_10枚目
character_balloon

ここでの利便性とは、顧客が製品を購入するまでの過程で生じる、不便さや問題点の有無を指しているわ。

character_balloon

例えば、店舗で製品を購入する場合だと、店舗まで移動し希望の商品を見つけ代金を支払いし、商品を家に持ち帰るまでの過程で不便さを感じるなら、ECサイトで購入した方がいいわね。

character_balloon

一方、ECサイトだと商品を直に見れなかったり、操作方法が難しかったりと感じる人の場合は、店舗で購入する方がいいわ。

character_balloon

利便性を高めるには、メインターゲットとなる顧客の行動特性を理解しておくといいわね。

4.Communication(コミュニケーション)

4C分析とは?相性のいいフレームワークと事例を解説!の画像_12枚目
character_balloon

ここでのコミュニケーションとは、一方的な発信をするのではなく、顧客との関係性を良好に構築していくためのものね。

character_balloon

コミュニケーションを積極的に発信していき、顧客との関係性を構築し製品の認知度を広げていくと購買に繋がるわ。

character_balloon

情報発信の際は、顧客の特性を理解し、有益で興味深い内容であれば良好な関係性を築く期待ができるわね。

4C分析を使った事例で解説!

character_balloon

4C分析を使った事例としてSpotifyを紹介するわね!

character_balloon

Spotifyの顧客価値として、無料会員でも好きなだけ曲を聴け、様々な年齢層に合わせた音楽が盛り込まれており、ユーザーの好みの曲を自動で探してくれる機能もあり、新しい音楽の発見があるわね。

character_balloon

顧客コストとして、Spotifyは基本利用は無料で提供される代わりに広告収益で利益を得ているわね、同時に有料会員プランも提供しており、広告の非表示やオフラインで高音質な曲を聴けたりと、サブスクリプションモデルでも収益化しているわ。

character_balloon

利便性として、Spotifyはユーザーが簡単に音楽を探せる検索機能があり、プレイリストをすぐに作成できる使用になっているわ。

character_balloon

コミュニケーションとして、アーティストが自身のページを更新したり、新曲やアルバムをリリースした際にユーザーと直接共有することができるわね。

character_balloon

結果として、Spotifyは無料会員と有料会員のモデルにわけ顧客のニーズを満たし多くのユーザーを獲得しているわ!

4C分析と相性の良いフレームワーク

効果的なマーケティング戦略をする上で、4C分析以外の要素でおすすめのフレームワークってあるの?

character_balloon
character_balloon

もちろん、あるわよ。

それなら、4C分析と組み合わせて使えるフレームワークを教えて!

character_balloon
character_balloon

わかったわ、それじぁSWOT分析とジョブ理論の紹介をするわね。

やった〜、よろしく!!

character_balloon

1.SWOT分析

character_balloon

SWOT分析は、内部環境と外部環境を分析するためのフレームワークのことで、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の4つの頭文字から構成されているわ。

character_balloon

1.Strength(強み)は、事業の目標を達成するための利点となる自社内部のことだわ、例えば企業の知名度やブランド力などがあるわね!

character_balloon

2.Weakness(弱み)は、事業の目標を達成するのに問題となる自社内部のことだわね、例えば人材や資金不足などのリソース不足があるわね!

character_balloon

3.Opportunity(機会)は、企業にとってプラスとなる企業外部の環境要因のことで、自社でコントロールできない市場の変化や競合相手の弱みなどあるわね!

character_balloon

4.Threat(脅威)は、企業にとってマイナスとなる外部の環境要因になるわね、例えば競合の増加や社会情勢の変化による需要の減少などあるわね!

character_balloon

4C分析を通してマーケティング戦略を構築し、同時にSOWT分析で自社内部の強み、弱み、機会、脅威を理解することで、より包括的で戦略的なアプローチが可能になるわね。

2.ジョブ理論

character_balloon

ジョブ理論とは、顧客が達成したい課題や目的に、どう解決するかを焦点に当てたアプローチ法のことだわね。

character_balloon

顧客は何かしら達成したい課題や目的があって、製品やサービスを利用し課題を解決しているから、企業は製品開発をする際、顧客の課題や問題を明確にすることが重要だわね。

SWOT分析とジョブ理論ね!4C分析と一緒に考えてみるね!

character_balloon

まとめ

character_balloon

今回は、4C分析について解説してきたけど、まとめるとこうなるわよ。

まとめ

◆4C分析は、Customer value(顧客価値)、Customer Cost(顧客コスト)、Convenience(利便性)、Communication(コミュニケーション)の4つの要素を焦点に当て、商品やサービスのマーケティング戦略を行う手法のこと。


◆4C分析は顧客視点で、市場の調査や競合環境の把握をし一貫性を保ちながら柔軟に対応することが重要。


◆効果的なマーケティング戦略をするには、4C分析で外部の市場や顧客に焦点を当て、SWOT分析など内部の要因を組み合わせて検討すること。

character_balloon

これで4C分析について理解はできたかしら?

うん、すっごくわかりやすかったよ!またよろしくね〜

character_balloon
character_balloon

それならよかったわ。

character_balloon

パープル

リスティング広告
ディスプレイ広告
オフライン広告

得意分野は広告。数字に強く、リスティングやディスプレイ広告でCPAを追うだけでなく、その先のLTV/CACでのトラッキングも行う。また、オフライン広告も得意で、サイネージ広告や電車内広告などにも強みを持つ。

最新の記事一覧
最新の記事一覧