4P分析とは?マーケティング戦略における分析法や事例を解説!のアイキャッチ画像

マーケティング

更新日: 2024/2/16

4P分析とは?マーケティング戦略における分析法や事例を解説!

character_balloon

パープルちゃん〜。

何かしら?

character_balloon
character_balloon

マーケティングの勉強してるんだけど、4P分析ってなあに?

あー、4P分析ね

character_balloon

それじゃあ今回は、4P分析について詳しく解説していくわね!

character_balloon

4P分析とは?

4P分析とは?マーケティング戦略における分析法や事例を解説!の画像_2枚目
character_balloon

4P分析とは、「製品(Product)」「価格(Price)」「流通(Place)」「販売促進(Promotion)」の4つの観点からプロダクトを販売するマーケティング戦略のこと

character_balloon

頭文字のPを取って4P分析と呼ぶわね

4P分析

1.Product(製品)


2.Price(価格)


3.Place(流通)


4.Promotion(販売促進)

character_balloon

戦略的なマーケティング施策を展開する上で重要な戦略の1つになるわね

4P分析は、具体的にどのタイミングですればいいの?

character_balloon
character_balloon

基本的に企業が商品やサービスを開発する際に、4P分析を行いマーケティング戦略を考えるわね。

character_balloon

他には、市場の変化や競合他者が参入した場合、既存の4P分析が正しいか再評価されるわ!

なるほど、4P分析はマーケティング戦略をする上で重要な手法なんだね!

character_balloon

4P分析を進めてマーケティング戦略を検討しよう!

character_balloon

マーケティング戦略を効果的に行うには、4P分析の4つの要素をきちんと理解しておく必要があるわ。

character_balloon

4つの要素をバランス良く考えることが、かなり重要で1つでも理解が欠けていると本来のポテンシャルが発揮しづらいわね。

わかったよ、4P分析をきちんと理解しておくね!

character_balloon

それでマーケティング戦略を効果的に行うための、4P分析は具体的にどう進めていけばいいのかな?

character_balloon
character_balloon

それじゃ、4P分析の進め方について解説していくわね!

1.Product(製品)の分析

4P分析とは?マーケティング戦略における分析法や事例を解説!の画像_6枚目
character_balloon

1個目のPはProduct(製品)だわね、自社の利益源となる製品を分析していくわ!

character_balloon

まず、自社製品の方向性を決める過程で、顧客のペルソナやベネフィットを明確にすることが大事だわね。

顧客のペルソナやベネフィットってなあに?

character_balloon
character_balloon

ペルソナは、製品を利用してほしい架空のターゲットのことで、ベネフィットは、顧客が製品を利用することで得られる良い効果のことだわね!

character_balloon

次に、製品の特徴や強みを詳細に分析し、さらにデザインや色、アフター保証まで顧客のニーズを満たしている製品になっているか明確にするわね。

character_balloon

最後に、他社の同様な製品と自社製品を比較し、差別化やメリットを見つけていくわね。

2.Price(価格)の分析

4P分析とは?マーケティング戦略における分析法や事例を解説!の画像_8枚目
character_balloon

2個目のPはPrice(価格)だわね、商品やサービスの提供をする上で価格設定はかなり重要だわね。

価格を決めるのって難しそうだけど、どんな方法で決めてるの?

character_balloon
character_balloon

それじゃ、価格を決める戦略として3つ紹介するわね

character_balloon

1つ目はコストベースプライシングで、製品開発に費やしたコストをもとに製品価格を決める方法になるわ。

character_balloon

コストプライシングは価格設定の際によく使われるんだけど、顧客や競合の視点が入らないから、競合ベースと組み合わせ使用するのが一般的だわね。

character_balloon

2つ目は競合ベースプライシングで、競合の価格設定をもとに自社製品の価格を決める方法だわね。

character_balloon

競合プライシングは、より実践的な価格設定になるけど、他の企業と被ってしまうから、自社製品に付加価値を付け差別化した方がいいわね。

character_balloon

3つ目はバリューベースプライシングで、顧客が製品に感じている価値に基づいて価格を設定する方法ね。

character_balloon

他のプライシングとは価格の決め方が異なって、顧客の購入意欲に合わせて価格設定をするため、差別化や付加価値を付け需要が高まれば、製品の価格も高く設定できるわね。

3.Place(流通)の分析

4P分析とは?マーケティング戦略における分析法や事例を解説!の画像_10枚目
character_balloon

3個目のPはPlace(流通)だわね、顧客のもとに製品を届けるための販売所を決めていくわね。

character_balloon

企業は製品を顧客に届けるため、最適な流通経路を選択する必要があり、卸売業、小売業、オンラインストアなどの販売所があるわね。

製品の流通経路はどうやって決めてるの?

character_balloon
character_balloon

基本的にターゲットとする顧客ののニーズに合わせて流通経路zは決めていくわね。

character_balloon

例えば、日用品や食品を購入したい顧客のニーズは「近所にあってすぐ行ける場所」になり流通経路は、大量に商品を販売している小売店になるわね。

character_balloon

製品がブランドバックであれば、顧客のニーズは「上品な雰囲気で信頼できる専門の人にアドバイスが貰える場所」になり、流通経路は、高級百貨店になるわね

4.Promotion(販売促進)の分析

4P分析とは?マーケティング戦略における分析法や事例を解説!の画像_12枚目
character_balloon

4個目のPはPromotion(販売促進)だわね、製品の販売をどうやって促進させるかで売れ行きも変わってくるわね。

character_balloon

自社製品の販売を促進させていくには、ターゲット層にマッチしたプロモーション戦略が大切だわね

character_balloon

プロモーション広告では、製品の強みや差別化だけでなく、製品を使うことでどんなメリットがあるのかを訴求することが大切だわ

character_balloon

製品広告の訴求がしっかり出来ても、ターゲット層に気づかれないプロモーションだと期待できないから、全てのプロモーションの中から最適な方法を見つけていくのがいいわね。

4P分析の商品事例を解説!

character_balloon

次は、実際に4P分析を使った事例を解説していくわね!

character_balloon

事例としてみんなが知っている「zoom」を例にして解説していくわね!

character_balloon

zoomのproductは、オンライン上でビデオ通話や会議ができる機能だわね!

character_balloon

zoomは複数の利用者が同時にオンラインで会話しやすいようにホストや参加者はミュート機能、チャット機能、画面共有、メモ等が利用でき、リモートワークにも活用されているわね。

character_balloon

zoomのpriceは、無料プランと3つの有料プランがあるわ!

character_balloon

無料プランは、ミーティング時間が40分と決まっていて時間を過ぎると強制的に終了されるのに対して有料プランは、24時間可能と実質無制限で利用することげできるわ!

character_balloon

他にも、オンライン会議時に同時接続数が100人までが、有料プランは最大300〜500人まで同時接続可能な点もあるわね。

character_balloon

zoomのplaceは、主にオンライン上のサービスだわね。

character_balloon

zoomは、世界中どこにいてもWeb上やアプリケーションをインストールし、アカウントを作成すれば利用できるわね!

character_balloon

zoomのpromotionは、基本料金を無料にすることで利用者を増やし、利用者の口コミで拡散し知名度を高めているわね。

character_balloon

zoomは2020年以降、コロナウイルスの影響で急激にオンライン上のやり取りの需要が高まったことで、利用者数が爆発的に増加しプロモーションに繋がったわね。

4P分析と相補的関係にある要素を解説!

character_balloon

効果的なマーケティング戦略を施行する上で、4P分析以外の分析法も一緒に検討することが重要だわね!

例えばどんな分析法があるの?

character_balloon
character_balloon

4P分析をする前にSTP分析をすることが重要だわね!

何それ、全然知らないよ!

character_balloon
character_balloon

STP分析は、顧客を理解して顧客価値を高め、プロモーションに活かす役割があるわ。

1.Segmentation(セグメンテーション)

character_balloon

STP分析のSは、Segmentation(セグメンテーション)のことで、マーケットを細分化することだわね!

character_balloon

セグメンテーションは、市場をA〜Dと細かく分割し異なるグループに分けることよ。

グループ分けは何を基準にしたらいいの?

character_balloon
character_balloon

そうね、分ける基準を知らないとどこまで細分化していいのか、わからないわよね。具体的には以下に分けられるわ!

セグメントの基準

1.国、都市、地域


2.年齢、性別、所得


3.購買頻度、購買意欲


4.ライフスタイル、価値観

character_balloon

異なるグループに対して、マーケティング戦略を行うことで、市場のニーズを適切に応えることができるわね。

2.Targeting(ターゲティング)

character_balloon

STPのTは、Targeting(ターゲティング)のことで、狙うマーケットを決めていくわね!

character_balloon

ターゲティングは、分割したセグメントから、企業が最も効果的にアプローチできる顧客グループをターゲットに選定することだわね!

3.Positioning(ポジショニング)

character_balloon

STPのPは、Positioning(ポジショニング)のことで、提供価値を決めるわね!

character_balloon

ポジショニングは、ターゲット市場に対して、競合他社の位置関係を明確にし自社の差別化ポイントを探し決めることよ。

まとめ

character_balloon

最後に、4P分析についてまとめるわね。

まとめ

◆4P分析はproduct(製品)、price(価格)、Place(流通)、promotion(販売促進)の4つで構築されたマーケティング戦略のこと。


◆マーケティング活動を戦略的に進めるなら、STP分析も活用して4つのPをバランス良く進め最大化させること。


◆4P分析は製品やサービス開発時だけでなく、市場のニーズに合わせて製品の見直しの際に行うことも大切。

character_balloon

ここまでの説明で、4P分析について理解できたかしら?

よく理解できたよ!パープルちゃんありがとう〜。

character_balloon
character_balloon

それなら、良かったわ。

character_balloon

パープル

リスティング広告
ディスプレイ広告
オフライン広告

得意分野は広告。数字に強く、リスティングやディスプレイ広告でCPAを追うだけでなく、その先のLTV/CACでのトラッキングも行う。また、オフライン広告も得意で、サイネージ広告や電車内広告などにも強みを持つ。

最新の記事一覧
最新の記事一覧