WordPressの文字サイズ変更方法6選!ユーザビリティを向上のアイキャッチ画像

wordpress

更新日: 2024/6/11

WordPressの文字サイズ変更方法6選!ユーザビリティを向上

character_balloon

ねーねー、ブルーちゃん。

何?イエローちゃん。

character_balloon
character_balloon

WordPressの文字サイズについて調べてるんだけど、詳しく知らない?

うん、知ってるよ!じゃあ今回はWordPressの文字サイズについて解説するね!

character_balloon
character_balloon

よろしく!ブルーちゃん!

WordPressの文字サイズを変更する理由3選

そもそも、何故WordPressの文字サイズを変更する必要があるのかな?

character_balloon
character_balloon

WordPressの文字サイズを変更する理由は、以下の3つだよ。

WordPressの文字サイズを変更する理由3選

1.【ユーザビリティに大影響】読みやすさの向上


2.【プロフェッショナルな印象】ページの視覚的魅力の向上


3.【適切なピクセルとは?】セオリーに基づいた最適な設定

character_balloon

それぞれ、説明するね。

お願いしま〜す!

character_balloon

1.【ユーザビリティに大影響】読みやすさの向上

character_balloon

WordPress記事において、文字サイズは読者の理解度を大きく左右する要素の1つだよ。

character_balloon

適切な文字サイズを選ぶことで、テキストは読みやすくなり、情報の取り入れやすさが向上するんだ。

character_balloon

特に、長い記事や専門的な内容を扱う場合、読者がテキストをスキャンしやすいようにするのが重要だよ。

character_balloon

例えば、小さな文字サイズは長文をコンパクトに表示できる一方で、読みづらさを感じるよね。

character_balloon

逆に、大きすぎる文字はページのバランスを崩すことがあるけど、ポイント情報や強調したい部分に使うと、その重要性を視覚的に伝えられるんだ。

記事内の文字のサイズが違うだけで、離脱率が変わるみたいだね!

character_balloon

2.【プロフェッショナルな印象】ページの視覚的魅力の向上

character_balloon

文字サイズの適切な調整は、ウェブサイトのデザインと直接関連するよ。

character_balloon

バランスよく配置された異なるサイズのテキストは、ページ全体の魅力を高め、プロフェッショナルな印象を与えるんだ。

character_balloon

見出しやキャプション、本文の区別を明確にすることで、情報の階層を視覚的に表現し、読者が求める情報を迅速に見つける手助けとなるよ。

文字サイズはバランスが最重要なんだね!

character_balloon

3.【適切なピクセルとは?】セオリーに基づいた最適な設定

character_balloon

文字サイズの設定には、最適な指標が存在するよ。

character_balloon

例えば、ウェブ用の標準的な文字サイズは16ピクセルとされてて、これは視認性と読みやすさのバランス基準となっているんだ。

character_balloon

さらに、重要な見出しには22ピクセル以上の使用が推奨されてるよ。

character_balloon

最適な文字サイズは、さまざまなディスプレイサイズや読者の視力に対応するためであり、具体的な数字を使用することで、ウェブサイトの利便性を保証するんだ。

最適な文字サイズが分かれば、後は設定するだけだね!

character_balloon

WordPressで文字サイズを変更する方法6選

WordPressで文字サイズを変更する方法を教えて!

character_balloon
character_balloon

文字サイズを変更する方法は、以下6つあるよ。

WordPressで文字サイズを変更する方法6選

1.プラグイン「TinyMCE Advanced」の活用


2.CSSを利用した方法


3.jQueryを利用した方法


4.ブロックエディターでの文字サイズ変更方法


5.クラシックエディターでの文字サイズ変更方法


6.HTMLでの直接的な変更方法

うわ〜、色々あるね!

character_balloon
character_balloon

そうだね!それぞれ、説明するね。

1.プラグイン「TinyMCE Advanced」の活用

character_balloon

WordPressのテキストエディター機能を拡張するプラグイン「TinyMCE Advanced」を使用すると、直感的なインターフェイスから簡単に文字サイズを変更できるよ。

character_balloon

TinyMCE Advancedをインストールすることで、WordPressのデフォルトのエディタが拡張され、様々なフォーマットオプションが追加されるんだ。

character_balloon

特に、文字サイズの調整はドロップダウンメニューから簡単に選択でき、好みや必要に応じて簡単に変更が可能だよ。

TinyMCE Advancedは無料で使用できるから気軽に導入できるね!

character_balloon

2.CSSを利用した方法

character_balloon

CSS(シーエスエス)を用いることで、WordPressでの文字サイズ変更を簡単にできるよ。

character_balloon

具体的には、WordPressのテーマに合わせて追加のCSSコードを記述するんだ。

character_balloon

例えば、「.entry-content p { font-size: 18px; }」というコードを使うと、ブログ記事の段落の文字サイズを18ピクセルに設定できるよ。

CSSは、サイトのデザインに合わせて細かく調整できるのが利点だね!

character_balloon

3.jQueryを利用した方法

character_balloon

jQuery(ジェイクエリー)を使うと、ページの特定の要素に動的に文字サイズを変更するスクリプトを追加できるよ。

character_balloon

例えば、「$('p').css('font-size', '18px');」と記述すると、すべての段落の文字サイズを18ピクセルに設定することが可能なんだ。

character_balloon

ただし、jQueryはページの読み込み速度に影響を与える可能性があるから、使用する際には注意が必要だよ。

jQueryは、コード量が少ないから記述がしやすそうだね!

character_balloon

4.ブロックエディターでの文字サイズ変更方法

character_balloon

WordPressのブロックエディターは、ユーザーが直感的にコンテンツを編集できるエディターだよ。

character_balloon

テキストブロックを選択した後、右側の設定パネルから「テキスト設定」をクリックし、「フォントサイズ」のドロップダウンメニューを使用して、希望サイズを選ぶことができるんだ。

character_balloon

例えば、小、中、大、カスタムサイズといった選択肢があり、カスタムでは具体的なピクセル数を指定可能だよ。

CSSやjQueryみたいにコードが書けなくても安心だね!

character_balloon

5.クラシックエディターでの文字サイズ変更方法

character_balloon

クラシックエディターでは、より伝統的なツールバーを介して文字サイズを調整できるよ。

character_balloon

エディターのツールバーにある「フォントサイズ」アイコンをクリックして、リストから適切なサイズを選択できるんだ。

character_balloon

エディターのツールバー設定では、HTMLを直接触れることなく、視覚的にサイズを調節可能だよ。

ブロックエディターより、クラシックエディターの方が使いやすい人もいるよね!

character_balloon

6.HTMLでの直接的な変更方法

character_balloon

HTML(ハイパーテキストマークアップランゲージ)を直接編集する方法もあるよ。

character_balloon

具体的には、記事のエディターで、「ビジュアル」タブではなく「テキスト」タブを選択して、HTMLの編集モードに切り替えて、そこで直接コードを記述するんだ。

character_balloon

HTML直接編集は、特定のページやポストにのみ変更を加えたい場合に便利だよ。

HTMLを使用して直接文字サイズを変更する方法は、特にコーディングに慣れているユーザーにとって直感的で柔軟なアプローチだね!

character_balloon

まとめ

character_balloon

WordPressの文字サイズについてまとめるよ。

まとめ

◆設定の最適化:ページの視覚的魅力を高めるために、読みやすさやデザインのセオリーに基づいた文字サイズの設定が推奨される


◆基本的な変更方法:WordPressのブロックエディターやクラシックエディターを使用し、直接的またはプラグインを介して簡単に文字サイズが変更可能


◆推奨プラグイン:「TinyMCE Advanced」などのプラグインを使用すると、より柔軟で網羅的な文字サイズ調整が可能


◆高度なカスタマイズ:CSSやjQueryを利用することで、より詳細な設定や特定の要素のみサイズ変更が可能

character_balloon

ここまで、分かってくれたかな?

うん!WordPressの適正な文字サイズを把握して、自分がやりやすい変更方法でしっかり設定するのが大切なんだね!

character_balloon
character_balloon

そうだね!また、何かあったら言ってね!

character_balloon

ブルー

SEO
マーケティングオートメーション(MA)
アフィリエイト
wordpress

SEOやエンジニアリングマーケティングが得意。非常にめんどくさがりで、動きたくないがために自分でコードを書いて自作のMAを組んだりする。自動化のためなら努力は惜しまない。

最新の記事一覧
最新の記事一覧